ニュース
» 2012年06月13日 20時19分 UPDATE

PLMニュース:64ビットネイティブで動作するXVLビュワー

XVL Playerに64ビットネイティブ版が登場。より巨大な図面も描画できるようになった。

[原田美穂,@IT MONOist]

 ラティス・テクノロジーは2012年6月12日、「XVL Player Ver. 12.1 64-bit Edition」の無償配布を開始した。同製品は64ビット版Internet Explorerのプラグインとして動作する(Windows XP Professional x64 Edition 日本語版およびWindows 7 x64 日本語版に対応)。

 XVL Playerは、同社が開発した3次元モデル用のフォーマットXVLを閲覧するためのビュワー。CADライセンスを持たなくても閲覧できることからデザインレビューなどの場面で利用される。

 今回、64ビット版のInternet Explorerに対応したことで、描画時の処理で一度により多くのメモリを使えるようになった。これにより、32ビット版と比較して高速な描画が可能になった。

 同社によると、16Gバイトのメモリを搭載したPCで利用した場合、CAD図面換算で「数百Gバイトを超えるデータ(XVL変換後2〜4Gバイト程度)を表示し、形状確認できる」としている。

mhfpro_01_50gb.gif 人工衛星全体の3次元モデルを50個並べたものをInternet Exproerで描画したところ。3次元CAD図面に換算すると50Gバイト程度のデータ量になる
mhfpro_02_sat.gif 上の人工衛星の図面を拡大し、1つの衛星にフォーカスしたところ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.