ニュース
» 2012年06月19日 12時42分 UPDATE

iPad、Android搭載タブレットを猛追か!?:マイクロソフトが本気で作ったタブレット「Surface」発表、Windows RTと8 Proモデルをラインアップ

米Microsoftは10.6型ディスプレイを搭載したオリジナルのタブレット型端末「Surface」を発表。ARMプロセッサベースの「Surface for Windows RT」と、第3世代インテルCoreプロセッサ搭載の「Surface for Windows 8 Pro」の2モデルをラインアップする。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 米Microsoftは2012年6月18日(米国時間)、10.6型ディスプレイを搭載したオリジナルのタブレット型端末「Surface」を発表。米国カリフォルニア州ハリウッドで開催されたイベントで、ARMプロセッサベースの「Surface for Windows RT」と第3世代インテルCoreプロセッサ搭載の「Surface for Windows 8 Pro」の2モデルの存在を明らかにした。

 Surface for Windows RTは、同社の次期OS「Windows 8」のリリースに併せて、そして、Surface for Windows 8 Proはその90日後にMicrosoft Storeおよびオンラインストアを通じて販売される予定である。販売価格は正式に発表されていないが、Surface for Windows RTがARMベースの他のタブレット型端末と同等程度、Surface for Windows 8 Proが第3世代インテルCoreプロセッサ搭載のUltrabookと同等程度になる見込みだという。

10.6型ディスプレイを搭載したタブレット型端末「Surface」 10.6型ディスプレイを搭載したタブレット型端末「Surface」(※出典:Microsoft)

 Surface for Windows RTとSurface for Windows 8 Proの主な仕様を表1に示す。

OS Surface for Windows RT Surface for Windows 8 Pro
CPU NVIDIA製 ARMプロセッサ インテルCoreプロセッサ
重さ 676g 903g
厚さ 9.3mm 13.5mm
ディスプレイ 10.6インチ ClearType HD Display(解像度1280×720) 10.6インチ ClearType Full HD Display(解像度1920×1080)
ストレージ容量 32/64Gバイト 64/128Gバイト
各種インタフェースなど microSDカードスロット、USB 2.0ポート、Micro HD Video、2×2 MIMOアンテナ ペン入力対応、microSDXCカードスロット、USB 3.0ポート、Mini DisplayPort Video、2×2 MIMOアンテナ
その他 マグネシウム製ボディ「VaporMg」を採用。筺体背面に0.65ミリ厚の展開型スタンド付き
表1 「Surface」の主な仕様 ※サイズや重さは変更になる可能性もある

 磁石で筺体側面に取り付けることが可能な「Touch Cover」と呼ばれるキーボード内蔵薄型カバーが用意されている。圧力を検知する独自技術が採用されており、厚さがわずか3mmでありながらもスムーズなキー入力/ジェスチャー入力に対応する。キーボード未使用時は、液晶面を保護するカバーとして機能する。カラーバリエーションも豊富だという。これに加え、より快適なキー入力に特化した、物理キーボードおよびタッチパッドを搭載した「Type Cover」もラインアップする。

Windows Embedded コーナー

Windows Embeddedコーナー
Windows Embedded専門コーナー。Windows Embedded StandardやWindows Embedded Compactをはじめとする「Windows Embedded」ファミリの最新動向や技術情報をお届けします!!

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.