連載
» 2012年06月20日 11時15分 UPDATE

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(13):Androidのデバッグ機能 (1/2)

今回は、最後の単元であるAndroidの「デバッグ機能」に関する問題に挑戦する。演習問題に取り組むだけでなく、実際にツールを使いながら知識を身に付けるといいだろう。

[奥 崇(elan),@IT MONOist]

 連載「Android技術者認定試験『ACE』ドリル」の第13回では、最後の単元となるAndroidの「デバッグ機能」を取り上げます。

 ここでは、Androidアプリケーション開発における“デバッグツール(Android SDKに同梱)”について問われます。

 傾向としては、前回と同様に「知っているかどうか」を問う知識問題が多く出題されます(まぁ、デバッグツールに関する基礎知識が問われるので、ある程度仕方がないですね)。試験対策としては、できるだけ多くの問題を“実際に解いてみる”のが有効です。また、ツールを使ってみて、自然と知識を身に付けるというのもいいでしょう。

 ACE(OESF Authorized Certification Engineer for Android)対策として、「知識」と「実践」の2つの軸を中心に取り組みつつ、特によく出題される「Android Emulator」と「adb(Android Debug Bridge)」を重点的に対策するのがおすすめです。それでは、演習に入ります!


今回の演習問題

演習1:Android Emulator/avd(Android Virtual Device)

演習1 Androidのエミュレータおよびavdの説明として、誤っているものはどれか? 選択してください。

(1)エミュレータはAndroid SDKに同梱されている

(2)エミュレータにはコンソール機能がある

(3)avdはAndroid SDKに同梱されている

(4)avdはADTで管理できる



演習2:DDMS(Dalvik Debug Monitor Service)

演習2 DDMSの説明として、誤っているものはどれか? 選択してください。

(1)動作中のスレッド一覧を表示できる

(2)エミュレータの画面キャプチャーを取得できる

(3)ヒープの統計データを表示できる

(4)エミュレータを作成できる



演習3:adb(Android Debug Bridge)

演習3 adbの機能の説明として、誤っているものはどれか? 選択してください。

(1)adbはclient、serverおよびdaemonが存在する

(2)adb serverは複数存在し得る

(3)adbはAndroid SDKに同梱されている

(4)adbは端末とWi-Fi経由でも利用できる



       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.