ニュース
» 2012年06月28日 07時50分 UPDATE

Google I/O 2012:「これなんじゃ?」「忍者!?」――Androidで制御する忍者ロボットとガチバトル

アールティは開発者カンファレンス「Google I/O 2012」で、Androidで制御する等身大ロボットを用いた、人と対戦できる体験型ロボットゲーム「V-sido x RIC 忍者マスターシステム」を公開した。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 サービスロボットの開発などを手掛けるアールティは、2012年6月27〜29日(米国時間)に米カリフォルニア州サンフランシスコのモスコーニセンターで開催される年次開発者会議「Google I/O 2012」に出展。

 Android OS搭載タブレット型端末とAndroid Open Accessory Development Kit(以下、ADK)用ボードで制御する、等身大の人型ロボットを用いた実世界・体験型ゲーム「V-sido x RIC 忍者マスターシステム」を公開した。


RIC 忍者マスターロボット 画像1 「RIC 忍者マスターロボット」。タブレット込みで全長120cm

 同システムは、Android OS搭載スマートフォンやタブレット型端末が、ゲームのシステム運用機として、実世界にも展開できることを示すコンセプトモデル。同社の人型ロボット「RIC」の頭部にAndroid OS搭載タブレット型端末を組み込んだ「RIC 忍者マスターロボット」と実際に対戦することができる(画像1)。

 「通常、対戦型格闘ゲームは画面の中だけで展開されるが、同システムにより、実世界に展開することができる。人間の対戦相手とリモートコントロールされた等身大の二足歩行人型ロボットによるインタラクティブなゲームは、世界で初めてとなる」(同社)。

 頭部のAndroid OS搭載タブレット型端末に接続されたADK用ボード「RT-ADK mini」により、ロボットの物理的な接触をセンサーで検出する。ロボット本体は、画像センサー(「ASUS Xtion Pro LIVE」を利用)によりAttackプレーヤーの上半身をリアルタイムにモーションキャプチャーし、ゲームパッドにより歩行指令を取得。これら情報をリアルタイムに合成し、二足歩行ロボットを制御する。ゲームの開始/終了、ロボットへのパンチの当たり判定(物理的な相手へのヒット数、自分へのダメージ数)などの状態管理をAndroidタブレットに搭載したアプリケーションで実現している(図1)(図2)。

V-sido x RIC 忍者マスターシステム(1) 図1 「V-sido x RIC 忍者マスターシステム」の概要。Android OSを搭載するタブレット型端末と、同社が販売するADK用ボード「RT-ADK mini」、人型ロボット「RIC」により作り込まれている。“V-sido(ブシドー)”は人型ロボットの制御ソフトウェアの名称。“RIC(リック)”は同社が販売する人型ロボットの名称で、“Robot Inside Character”の略称。ADK用ボードは同社の「RT-ADK mini」が用いられている
V-sido x RIC 忍者マスターシステム(2) 図2 「V-sido x RIC 忍者マスターシステム」のシステム構成

 「リアルタイムに画像処理しながらロボットの動作を生成し、バランスを崩さずに歩行しながら物理的に対戦相手と接触するゲームは、ロボット自身の制御もさることながら、相手との接触による物理的な反動を制御することも不可欠。今回のコンセプトモデルは、二足歩行ロボットでのロバストな動作を実現する上でも重要なチャレンジ」(同社)。

Android コーナー

Androidコーナー
「Android(アンドロイド)」の組み込み機器への適用からアプリ開発、レポート、ニュースなどさまざまな技術情報・最新動向をお届けする!!

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.