ニュース
» 2012年07月04日 21時15分 UPDATE

ワイルドなEVだぜぃ:アウディの「R8 e-tron」が量産EVのニュル周回で世界記録、モーター出力は280kW

アウディは、2012年末に発売予定の電気自動車(EV)スポーツカー「R8 e-tron」が、ニュルブルクリンク北コースにおける量産EVの周回記録で世界最速タイムを達成したと発表した。

[朴尚洙,@IT MONOist]

 Audi(アウディ)は2012年6月29日(欧州時間)、2012年末に発売予定の電気自動車(EV)スポーツカー「R8 e-tron」が、ニュルブルクリンク北コース(Nurburgring Nordschleife)における量産EVの周回記録で世界最速タイムを達成したと発表した。全長20.8kmのコースを8分9.099秒で周回しており、平均時速は約147.2kmとなる。

 今回のタイムアタックに使用した車両は、最高時速が通常の200kmから250kmに引き上げられている点を除いて、市販モデルの同じ仕様となっている。搭載する4個のモーターは各車輪に接続されており、4個合計の最高出力は280kW、最高トルクは820Nm。発進直後の後輪には4900Nmものトルクを伝達可能で、0〜100km/hの加速時間は4.6秒である。

ニュルブルクリンク北コースを走行する「R8 e-tron」 ニュルブルクリンク北コースを走行する「R8 e-tron」(クリックで拡大) 出典:Audi

 リチウムイオン電池の容量は、日産自動車の「リーフ」の2倍以上となる49kWhに達する。満充電からの走行距離は約215kmで、EVとしては比較的長い。アルミニウムフレームと炭素繊維強化樹脂(CFRP)の採用により、大容量のリチウムイオン電池を搭載するにもかかわらず、車両重量を1780kgに抑えた。

 なお、市販モデルと同じ最高時速200kmでリミッターのかかる車両の周回記録は、8分26.096秒(平均時速約142.3km)だった。

 記録を達成した際の映像はYouTubeで確認することができる。

「R8 e-tron」がニュルンブルクリンク北コースにおける量産EVの周回記録を達成したときの映像。45秒ごろに出てくる急速充電コネクタは「CHAdeMO」方式を採用しているように見える。

 ニュルブルクリンク北コースにおけるEVの周回記録の最高タイムは、トヨタ自動車のモータースポーツ子会社であるToyota Motorsport(TMG)のEVレースカー「TMG EV P001」が2011年8月に達成した7分47.794秒。ただし、同レースカーは量産EVではない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.