ニュース
» 2012年07月06日 07時30分 UPDATE

ISO26262:ガイオ・テクノロジーがISO26262のツール認証を取得、日本含むアジアでは初

ガイオ・テクノロジーは、日本を含めたアジア地域のツールベンダーとして初めて、自動車向け機能安全規格であるISO 26262のツール認証を取得したと発表した。

[朴尚洙,@IT MONOist]

 ガイオ・テクノロジーは2012年7月5日、同社のテストツール「カバレッジマスターwinAMS/ゼネラル」とプログラム解析ツール「CasePlayer2」が、自動車向け機能安全規格であるISO 26262に準拠した車載ソフトウェア開発に利用できるツールとして、第三者認証機関のTÜV SÜDに認証されたと発表した。日本を含めたアジア地域のベンダーのツールが、第三者認証機関からISO 26262に関する認証を取得するのは初めて。

 ISO 26262に準拠した車載ソフトウェアの開発では、ツールの信頼性に関する評価が求められる。しかし、第三者認証機関からISO 26262に関する認証を取得したツールを利用すれば、開発するたびにツールの評価リポートを作成せずに済むようになる。これまで、車載ソフトウェアの開発ツールで第三者認証機関からISO 26262の認証を取得できていたのは、欧米のベンダーの製品がほとんどだった。

 なお、カバレッジマスターwinAMS/ゼネラルは、クロスコンパイラで生成した「実装マイコンコード」を評価対象として、マイコンシミュレータによる単体テスト(ユニットテスト)を実行できるテストツールである。CasePlayer2は、C言語などのソースコードを解析して、フローチャートなどのソフトウェア仕様書を作成するツールだ。

「カバレッジマスターwinAMS/ゼネラル」の画面「CasePlayer2」の画面 「カバレッジマスターwinAMS/ゼネラル」(左)と「CasePlayer2」の画面(クリックで拡大) 出典:ガイオ・テクノロジー

ISO26262−自動車向け機能安全規格−

ISO26262
ISO26262の解説記事と最新情報を集約した特集サイト

>>トップページはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.