ニュース
» 2012年07月24日 14時39分 UPDATE

電気自動車:三菱自動車が非常用電源システムを本社ビルに設置、4台のEVから電力を供給

三菱自動車は、同社の電気自動車(EV)を活用した非常用電源システム「MiEV power SUPPLY」を本社ビルに設置したと発表した。4台のEVから、本社機能を維持するための電力を3日間供給できる。

[朴尚洙,@IT MONOist]

 三菱自動車は2012年7月24日、電気自動車(EV)の「i-MiEV」と「MINICAB-MiEV」、これらのEVから電力を供給できる「MiEV power BOX」を組み合わせた非常用電源システム「MiEV power SUPPLY」を、本社ビル(東京都港区)に設置したと発表した。

 MiEV power SUPPLYにより、本社ビル1階に配置した4台までのi-MiEVもしくはMINICAB-MiEVと4個のMiEV power BOXを使って、災害などで停電が発生した際に本社機能を維持するための非常用電源を確保できる。1階からの電力は、専用線を介して、5階の会議室(災害情報の提供場所や来客者の避難場所として活用)と8階の災害対策本部の照明器具や情報通信機器に供給される。同システムによって独立した電源を確保することで、大規模な停電が発生しても本社の中核機能を維持して、初動対策を行えるようになるという。

 なお同社は、電池容量が16kWhの「i-MiEV G」もしくは「MINICAB-MiEV CD 16.0kWh」を4台接続した場合、本社機能を維持する電力を3日間供給できると想定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.