ニュース
» 2012年08月09日 16時08分 UPDATE

エコカー技術:「ワゴンR」の燃費が新技術で28.8km/lに、時速13km以下でアイドルストップ (1/2)

スズキは、9月発売予定の新型「ワゴンR」に採用する新たな低燃費化技術として、リチウムイオン電池と高出力オルタネータを用いるブレーキ回生システム「ENE-CHARGE」と、アイドルストップ時にも蓄冷材を通して冷風を室内に送れる「ECO-COOL」を発表した。これらを使ったアイドルストップ機能と軽量化などにより、新型ワゴンRのJC08モード燃費は28.8km/lとなった。

[朴尚洙,@IT MONOist]

 スズキは2012年8月9日、9月発売予定の新型「ワゴンR」に採用する低燃費化技術を発表した。今回発表したのは、リチウムイオン電池と高出力オルタネータを用いるブレーキ回生システム「ENE-CHARGE(エネチャージ)」と、アイドルストップ時にも蓄冷材を通して冷風を室内に送れる「ECO-COOL(エコクール)」という2つの技術である。新型ワゴンRは、これら2つの技術との組み合わせに最適な新しいアイドルストップ機能を搭載しており、軽量化やエンジンの改良などの効果も含めると、JC08モード燃費は現行モデルの23.6km/l(リットル)から22%向上して28.8km/lとなる。

Cセグメント車と同等出力のオルタネータ

「ENE-CHARGE」は走行時のオルタネータの動作時間を最小限に留める 「ENE-CHARGE」は走行時のオルタネータの動作時間を最小限に留める(クリックで拡大) 出典:スズキ

 ENE-CHARGEは、ブレーキを使って減速する際の運動エネルギーをオルタネータで電力に変換するブレーキ回生システムの1種である。一般的な軽自動車と比べて約2倍の発電能力を持つオルタネータを採用して、減速時の運動エネルギーの回生効率を高めた。オルタネータの出力値は非公開だが、「排気量2lクラスのエンジンを搭載するCセグメント車のオルタネータと同等」(スズキ)だという。

 オルタネータで発電した電力を蓄える二次電池には、アイドルストップ機能搭載車向けの鉛電池(38B20Lサイズ)に加えて、容量が36Whのリチウムイオン電池も搭載している。このリチウムイオン電池は鉛電池よりも入力密度が高いので、高出力のオルタネータで発電した電力を効率よく充電できる。オルタネータの発電効率とリチウムイオン電池の充電効率が高いので、エンジンの動力を使ってオルタネータで発電する時間を減らせるという。

 なお、鉛電池は従来と同様にエンジンルームに設置しているが、リチウムイオン電池は小型であることから助手席の下側に収納した。鉛電池に充電した電力は、ヘッドランプやエアコン、スタータモーター、デフォッガーなどに、リチウムイオン電池の電力はエンジン電装品、カーオーディオ、メーター、ストップランプなどに使用する。

「ENE-CHARGE」の動作イメージ 「ENE-CHARGE」の動作イメージ。左は減速時で、右は走行時である。(クリックで拡大) 出典:スズキ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.