ニュース
» 2012年08月15日 13時58分 UPDATE

電気自動車:「シボレー・ボルト」の開発責任者、米PHEVベンチャーのCEOに就任

米国のプラグインハイブリッド車(PHEV)ベンチャーであるFisker Automotiveは、新CEOに「Chevrolet Volt(シボレー・ボルト)」の開発責任者を指名した。

[朴尚洙,@IT MONOist]

 米国のプラグインハイブリッド車(PHEV)ベンチャーであるFisker Automotiveは2012年8月14日(米国時間)、同社の新たなCEO(最高経営責任者)として、General Motors(GM)でPHEV「Chevrolet Volt(シボレー・ボルト)」の開発責任者を務めていたTony Posawatz氏を指名したと発表した。

 Posawatz氏は、GMで30年間以上勤務し、製品開発から企画立案、プログラム管理、製造、品質などの担当を歴任。最近では、車両ラインディレクター兼グローバル電動車両開発リーダーとして、シボレー・ボルトのコンセプト立案から製造までを担当していた。

 Fisker Automotiveの共同創業者であるHenrik Fisker氏は、「Posawatz氏は、車両の電動化とPHEVのエコシステムについて、世界で最も経験を積んでいる人物の1人だ。彼がCEOに就任することで、当社の第1世代PHEV『Karma』のポテンシャルを最大化できるだけでなく、開発中の第2世代PHEV『Atlantic』の市場投入もスムーズに進められるだろう」とコメントしている。

Fisker AutomotiveのPHEV「Karma」 Fisker AutomotiveのPHEV「Karma」 出典:Fisker Automotive

 高級スポーツカータイプのKarmaは、シボレー・ボルトと同様にレンジエクステンダータイプのPHEVである。2011年後半から出荷されており、2012年4月には販売台数が1000台に到達したと発表している。

 しかし、Karma向けのリチウムイオン電池を出荷しているA123 Systemsは、Fisker Automotiveからの受注減少などにより売り上げが低迷しているため、中国企業から出資を受ける方針を発表している(関連記事)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.