ニュース
» 2012年08月20日 21時06分 UPDATE

車両デザイン:トヨタがグローバル車に「キーンルック」デザインを採用、新型「オーリス」から

トヨタ自動車は、新型「オーリス」から、グローバル展開する車両のフロントフェイスに「キーンルック」と呼ぶ新たなデザインを採用する。世界中どこでもトヨタ車と分かる新たな“顔”の導入により、車両デザインの改革を進めていく方針だ。

[朴尚洙,@IT MONOist]

 トヨタ自動車は2012年8月20日、日本と欧州で展開しているハッチバックタイプの小型車「オーリス」をフルモデルチェンジした。車両前面から見たフロントフェイスに「キーンルック」と呼ぶ独自のデザインを採用するなど、車両の内外装のデザインを大幅に変更するとともに、欧州市場でも認められる高い走行性能を実現している。日本ではトヨタネッツ店で販売する。税込み価格は171万円から。月間販売目標台数は2000台。

⇒新型オーリスの走行性能の記事はこちら

 新型オーリスの開発を担当した同社製品企画本部チーフエンジニアの藤田博也氏は、「キーンルックを採用した新型オーリスから、トヨタ車の“顔”を変える。オーリスのようにグローバル展開する車両については、世界中どこでもトヨタ車と分かるデザインとして、このキーンルックを導入していく」と語る。

トヨタ自動車の新型「オーリス」新型「オーリス」の開発を担当した藤田博也氏 トヨタ自動車の新型「オーリス」(左)と、開発担当者の藤田博也氏。新型オーリスは、「ボディカラーが赤でもかっこよく見えるようなデザインに仕上がった」(藤田氏)という。(クリックで拡大)

キーンルック+アンダープライオリティの強調

新型「オーリス」のフロントフェイス 新型「オーリス」のフロントフェイス。エンブレム部を中心とする「キーンルック」を採用するとともに(上)、台形のロアグリルが特徴の「アンダープライオリティ」がさらに強調されている(下)。(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 新たに採用したキーンルックでは、中央のエンブレム部を中心にして、ヘッドランプまで意匠がV字型に広がっている。英語のキーン(Keen)が意味する「(感覚が)鋭い、鋭敏な」のように、知的で明晰な印象を与えることを意図したデザインだ。「従来のトヨタ車のフロントフェイスは、エンブレム部の下側にアッパーグリルの意匠が入って横に広がるデザインだったが、キーンルックではエンブレム部を中心にしてV字型かつより立体的に広がっていくようにした。ヘッドランプも精かんな表情になるようなデザインに仕上げた」(車両デザインの担当者)という。

 この他、台形のロアグリルが特徴の「アンダープライオリティ」についても、開口部が車両底部まで開いたデザインを採用している。今後投入されるトヨタブランドのグローバル車は、このキーンルックと、より強調されたアンダープライオリティがフロントフェイスの特徴となりそうだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.