ニュース
» 2012年08月22日 11時43分 UPDATE

フライトソフトウェア200万行をテスト:火星探査機「キュリオシティ」を着陸成功に導いた静的解析ツール

米Coverityは、火星着陸に成功した米航空宇宙局(NASA)のロボット探査機「キュリオシティ(Curiosity)」のフライトソフトウェアの信頼性確保に、同社の静的解析をコア技術としたデベロップメントテストソリューションが採用されたことを明らかにした。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 静的解析をコア技術とした“デベロップメントテスト”を推進する米Coverity(コベリティ)は2012年8月21日(米国時間)、同社の静的解析技術が米航空宇宙局(NASA) ジェット推進研究所 マーズ・サイエンス・ラボラトリーのロボット探査機「キュリオシティ(Curiosity)」の開発に採用されたことを明らかにした。

 火星への着陸を成功に導くためのフライトソフトウェアの信頼性確保に生かされたという。


 今回の火星探査ミッションの開始時から、ソースコードのレビュープロセスの一部に、コベリティの静的解析技術が活用されていた。NASA ジェット推進研究所は、探査機の打ち上げに先立ち、200万行を超えるソースコードからなるキュリオシティのフライトおよび搭載機能を制御する全てのソフトウェアのテストをコベリティに依頼。不具合の発見と修正にコベリティのデベロップメントテストソリューションが寄与した。


 今回の発表に当たり、コベリティのマーケティング担当 副社長のJennifer Johnson氏は、次のようにコメントを寄せている。

 「いかなるミスも許されないミッションクリティカルなプロジェクトにおいて、コベリティの技術が利用されることは、“予測不能かつ、従来は見つけにくいソフトウェアの不具合”を迅速に検知するといった当社独自の能力を証明するチャンスになります」(プレスリリースより抜粋)。

>>その他の「宇宙開発」関連記事はコチラ

ロボット/ロボット開発 コーナー

ロボット/ロボット開発コーナー
あらゆる技術の集大成といわれる「ロボット」をテーマに、産業、レスキュー、生活支援/介護分野などにおけるロボット開発の実情や、関連する要素技術、研究開発、ロボットコンテスト、ロボットビジネスの最新動向などをお届けする。

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.