連載
» 2012年09月05日 10時40分 UPDATE

プチコンで始めるBASIC新世代育成“虎の穴”(5):厳しいこと言わないで、ノリだけでプログラミングもたまにはイイジャマイカ (1/4)

ハカセによるプチコンの概要説明は前回まででおしまい。今回から、いよいよプチコンによる本格BASICプログラミングに挑戦する。まずは、誰もが一度は通った(!?) 懐かしの「じゃんけんプログラム」を作るゾ!

[スマイルブーム マイコン部,@IT MONOist]

ようやくプチコンプログラミングに挑戦! 最初のお題は……

 ざっとプチコンの主要機能をなぞってきた本連載ですが、今回から、お待ちかねの本格的なプログラミングに挑戦していきます!


――といっても、まずは“単純なところ”から始めることにしましょう。

 連載第1回「BASICって何? いや、Visualじゃない方ですがナニカ」で、初歩中の初歩である「HELLO WORLD!」プログラムを作成しました。覚えていますでしょうか? このソースコードを実行するのに、「RUN」コマンドを使いましたね(画像1)。

    PRINT"HELLO WORLD!"

「RUN」コマンド 画像1 ちょっぴり復習? 「RUN」コマンド

 これで「PRINT」命令による表示のことはもう万全(!?)なので、次はキー入力や演算、変数のやりとりのサンプルを見ていきましょう。お題は、誰もが一度は通過した「じゃんけんプログラム」です。

    CLS:CLEAR 'ガメンクリア・ヘンスウクリア
    DIM MSG$(6) 'ハイレツ
    'メッセージ
    DATA グー,チョキ,パー,アイコ,マケ,カチ
    FOR I=0 TO 5
     READ MSG$(I)
    NEXT

ハカセ

今回は、いきなりプログラミングから始めてみたが……。どうじゃ? 読んでみれば意外にどんなコトをしとるか分かるんじゃないかの? BASIC言語といっても、他の言語と同じ名前の命令やよく似た機能は多いものじゃよ。


ワンパク

とか何とか言いつつ、“コメント”を細かく書いているあたりに、自信のなさを感じるゼ……。BASICじゃ、コメントは『'』で書くんだナ。


神崎

取りあえずここまでが、じゃんけんプログラムの『初期設定』部分だね。


インテリ

配列変数の書式なんかもちょっと見慣れないけど、似た形式もあるから大体の想像はつくね。

『$』記号が付いた変数は“文字列”を格納する型の変数、『()』で囲んであるのが配列の要素数、それを宣言するのが『DIM』命令ってところかな?


ハカセ

どの記述がどのプログラミング言語に対応するか、ちょっとしたクイズになりそうじゃな。まぁ、ワシじゃと最初に学んだのがBASICなので順序は逆になるがの。


神崎

『READ』命令はファイルを読み込むんじゃなくて、直前の『DATA』にある文字列を格納してるんだね。これだと『MSG$(0)』に入るのは『グー』ってことか。


ワンパク

ケッ!! どいつもこいつも物分かりの良いオリコウさんだナ! 『FOR』の文法なんか見覚えがねェーしヨ! オレはよく分かんねェーぞ!!


ハカセ

フム。主流のプログラミング言語と比べるとそれはあるじゃろうな。じゃが、『NEXT』で折り返すことさえ分かれば、むしろカンタンではないかの?


神崎

『I=0』から(FOR)……『5』まで(TO)……次に(NEXT)進めるってことだね。


ハカセ

さよう。英単語の組み合わせが多いので、曲がりなりにも『読み下し』がしやすいというのはBASICの特徴じゃな。『初心者向け』と言われるゆえんの1つじゃ。


ワンパク

フン。『I++』もナシで勝手に値が増えてくのは、オレ的にどうかと思うんだが……。


ハカセ

ま、まぁ、そのことなら『NEXT』という言葉が示しとると言えるじゃろ。ワシもよく知らんけど(テヘッ)。


インテリ

……。

うーん……。



       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.