ニュース
» 2012年09月05日 14時10分 UPDATE

エコカー技術:フォルクスワーゲンの7代目「ゴルフ」、ディーゼルモデルの燃費は31.25km/l

Volkswagen(フォルクスワーゲン)は、同社を代表する小型車「Golf(ゴルフ)」の7代目モデルを発表した。ディーゼルエンジンを搭載する「ブルーモーション」の欧州複合モード燃費は31.25km/l(リットル)を達成している。

[朴尚洙,@IT MONOist]

 Volkswagen(フォルクスワーゲン)は2012年9月4日(欧州時間)、同社を代表する小型車「Golf(ゴルフ)」の新モデルを発表した。1974年発売の初代モデルから数えて、今回の新モデルで7代目となる。

 7代目ゴルフは、ハッチバックモデルの場合で、外形寸法が全長4255×全幅1799×全高1452mm、車両重量が1050kg。2008年発売の6代目ゴルフと比べて、車両サイズを大型化する一方で、最大100kgもの軽量化を実現している。フォルクスワーゲンブランドの車両として初めて、モジュラープラットフォームの「MQB」を採用した。なおMQBは、Audi(アウディ)ブランドの「A3」で既に採用されている。

sp_120905volkswagen_01.jpg フォルクスワーゲンの新型「ゴルフ」と同社会長のMartin Winterkorn氏 出典:フォルクスワーゲン

 エンジンについても、ガソリンとディーゼルの両方を刷新するとともに、アイドルストップとブレーキ回生システムを標準装備することで燃費を大幅に向上した。ガソリンエンジンは、最高出力が63kW/85ps(仏馬力)〜110kW/150psの間でいくつかの種類が用意されている。最高出力が140psのガソリンエンジンを搭載するモデルは、欧州複合モード燃費が100km/4.8l(リットル)で、6代目ゴルフよりも23%燃費が向上したという。ガソリン1l当たりの走行距離で表す日本の燃費表記では、20.83km/lとなる。

 ディーゼルエンジンについては、最高出力が77kW/105psのモデルを搭載する車種で、欧州複合モード燃費が100km/3.8l(26.32km/l)まで向上している。さらに、ディーゼルエンジンを搭載する最も燃費の良い「BlueMotion(ブルーモーション)」モデルの場合には、100km/3.2l(31.25km/l)という良好な燃費を実現している。

 日本の自動車メーカーの車両の場合、欧州複合モード燃費で30km/lを上回る車両はほとんどない。トヨタ自動車の欧州向け小型車「Yaris」のハイブリッドモデルでも、100km/3.5l(28.57km/l)にとどまっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.