ニュース
» 2012年09月12日 16時30分 UPDATE

CMOSイメージセンサーを採用:「お掃除ロボットがさらに賢く正確に」――高精度測距センサーを発売、シャープ

シャープは、受光部にCMOSイメージセンサーを採用することで、周囲の障害物までの距離や床の段差の測定精度を向上させた、業界最小サイズをうたうロボット掃除機向け測距センサーを開発、発売する。

[八木沢篤,@IT MONOist]
RX-V100

 シャープは2012年9月12日、周囲の障害物までの距離や床の段差の測定精度を従来品よりも60%向上させた、ロボット掃除機向け測距センサーを発売すると発表した。

 ロボット掃除機の幅広い製品設計に対応すべく、簡単に制御回路に接続できるI2Cインタフェースを搭載したデジタル出力タイプ「GP2Y0E02B」(画像1)と、アナログ出力タイプ「GP2Y0E02A」をラインアップ。それぞれ10月26日にサンプル出荷を開始し、11月30日に量産を始める。サンプル価格は600円(税込)である。

測距センサー「GP2Y0E02B」 画像1 測距センサー「GP2Y0E02B」(※出典:シャープ)

 ロボット掃除機は、障害物の回避や壁との平行移動、床の段差による落下防止などのために、障害物や床の段差までの距離を正確に測ることが求められている。

 今回開発した測距センサーは、受光部にCMOSイメージセンサーを採用することで、従来のフォトダイオードに比べて反射光の位置を検出する精度を高めた。これにより、周囲の障害物までの距離や床の段差の測定精度を従来比60%向上(誤差±10%)させた。さらに、従来体積比で約40%の削減を実現し、業界最小のパッケージサイズ(18.9×8.0×5.2mm)をうたう。

形名 GP2Y0E02B GP2Y0E02A
出力タイプ デジタル(I2C) アナログ
外形寸法 18.9×8.0×5.2mm
測距範囲 4〜50 cm
測距精度 ±10%(@50cm)
電源電圧 2.7〜3.6V
消費電流 TYP.26mA
動作温度 −10〜+60℃
表1 仕様 ※Ta=25℃

ロボット/ロボット開発 コーナー

ロボット/ロボット開発コーナー
あらゆる技術の集大成といわれる「ロボット」をテーマに、産業、レスキュー、生活支援/介護分野などにおけるロボット開発の実情や、関連する要素技術、研究開発、ロボットコンテスト、ロボットビジネスの最新動向などをお届けする。

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.