ニュース
» 2012年09月21日 15時00分 UPDATE

CEATEC 2012 開催直前情報:計測技術で“スマート・イノベーションを支える”テクトロニクス

「CEATEC 2012」でのテクトロニクスのテーマは『スマート・イノベーションを支える、テクトロニクスの革新の計測ソリューション』。ノイズ対策や高効率スイッチング電源など、さまざまな計測課題に対応したソリューションをセミナーと併せて展示する。

[MONOist]

 2012年10月2〜6日の5日間、最先端ITとエレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2012(以下、CEATEC 2012)」が開催される。

 CEATEC 2012の開催に先立ち、アイティメディアが運営するエレクトロニクス系3メディア、EE Times JapanEDN JapanMONOistではCEATEC 2012の特設ページを設け、各編集部が厳選した注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントリポートなどを多数紹介していく。

 本稿では、2011年に日本テクトロニクスとフルークが合併して発足したTFFの社内カンパニーであるテクトロニクス社(以下テクトロニクス)の出展内容を紹介する。

>>3メディア合同「CEATEC JAPAN 2012特集」

計測課題に対応したコーナー展示

 テクトロニクスのCEATEC 2012の展示テーマは『スマート・イノベーションを支える、テクトロニクスの革新の計測ソリューション』だ。ノイズ対策や、MIPI、MHL、Thunderboltなど最新の高速シリアル・インタフェース、高効率スイッチング電源といった幅広いアプリケーションに対応した計測ソリューションを取りそろえて展示する。

テクトロニクスの計測器ラインアップ テクトロニクスの計測器ラインアップ 出典:テクトロニクス

 安価なRFデバイスの急速な普及で、RF信号を含めた設計、デバッグが必要とされているが、テクトロニクスはアナログ、デジタル、RF信号を時間相関を取りながら測定できるミックスド・ドメイン・オシロスコープ MDO4000シリーズによる最新のソリューションを見せる。通信伝送速度の高速化により従来のスペアナでは困難になってきたノイズ対策についても、スペアナ統合オシロスコープなどによる最新測定技術での対応を展示する。

 省電力化やスマートハウスなど、さまざまな製品で求められている高効率電源の設計開発に欠かせない測定/解析ソリューションとしては、オシロスコープベースの電源解析システムに加え、プローブ・ラインアップと実績あるプロービング技術を披露する。また汎用計測器のラインアップも一挙に展示する予定だ。

MDO4104-6 ミックスド・ドメイン・オシロスコープ MDO4104-6(クリックで拡大) 出典:テクトロニクス

併設セミナーではアプリケーション・エンジニアによるセッションが

 ブースでの展示のほかに、併設セミナーではテクトロニクスのアプリケーション・エンジニアが「高効率スイッチング電源評価ソリューション」(NW-08、10月3日 13:00-14:00)「ノイズとRF測定に新提案・MDO4000シリーズ」(NW-15、10月4日 15:30-16:30)の2つのセッションも実施する。

CEATEC JAPAN 2012(CEATEC 2012)

会期 2012年10月2日(火)〜6日(土)
時間 10:00〜17:00
会場 幕張メッセ
TFF テクトロニクス社 ブースNo.:6C56


CEATEC JAPAN 2012特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.