ニュース
» 2012年09月28日 16時28分 UPDATE

電子ブックレット(オートモーティブ):EVを核とした「トヨタ電力」を目指すのか

トヨタ自動車が考える次世代環境車にはどのような新しい可能性があるのだろうか。同社常務執行役員の友山茂樹氏に、EVなどの次世代環境車とスマートグリッドの関係や、ユーザーとつながるために必要なソフトウェアサービスについて聞いた。記事の後半では、同社が六ヶ所村で行ったHEMSの実証実験から得られた成果も紹介する。

[MONOist]
エンジニア電子ブックレット

トヨタの次世代環境車戦略とは?

 アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。

 本日はMONOistオートモーティブフォーラムに掲載した、「トヨタ自動車の考える次世代環境自動車戦略」について解説した連載記事3回分(第1回第2回第3回)を1冊にまとめてお届けします。



『EVを核とした「トヨタ電力」を目指すのか』

アイコン

トヨタ自動車が考える次世代環境車にはどのような新しい可能性があるのだろうか。同社常務執行役員の友山茂樹氏に、EVなどの次世代環境車とスマートグリッドの関係や、ユーザーとつながるために必要なソフトウェアサービスについて聞いた。記事の後半では、同社が六ヶ所村で行ったHEMSの実証実験から得られた成果も紹介する。


電子ブックレットのダウンロードはこちら→EVを核とした「トヨタ電力」を目指すのか


・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレットは無償でのご提供となりますが、アイティメディアIDへの登録が必要となります。登録ユーザーではない場合や、登録済みのプロファイルに一部不足がある場合などは、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面へジャンプします。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.