ニュース
» 2012年09月28日 19時19分 UPDATE

ビジネスニュース:ルネサスがリストラ費用970億円を調達、1600億円の短期借入金も長期に借り換え

ルネサス エレクトロニクスは、大株主3社と主力取引銀行4行から970億円を調達したと発表した。8月に発表した収益基盤強化策における早期退職募集や工場再編の資金として用いる。一方、米国投資ファンドのKKRや、産業革新機構による出資の報道については、「決定した事実はない」としている。

[朴尚洙,MONOist]
120_sp_120928renesas_icon.jpg

 ルネサス エレクトロニクスは2012年9月28日、8月2日に発表した収益基盤強化策(関連記事)における早期退職募集や工場再編に必要な資金として970億円を調達したと発表した。大株主であるNEC、日立製作所、三菱電機の3社と495億円の融資契約を、主力取引銀行である三菱東京UFJ銀行、みずほコーポレート銀行、三井住友信託銀行、三菱UFJ信託銀行の4行から475億円を長期借り入れする契約を結んだ。両契約の実行日は2012年10月1日。

 併せて、先述の主力取引銀行4行と、合計1610億9000万円の短期借入金を、長期借入金として借り換える契約も結んだ。数カ月から1年以内に返済する必要がある短期借入金を、長期借入金に借り換えることで、長期的な運転資金を確保することができる。この長期借入金の返済期間は公開していない。

 なお、米国の投資ファンドKKR(Kohlberg Kravis Roberts)による1000億円の出資や、産業革新機構、トヨタ自動車、パナソニックなどによる1000億円もしくは2000億円の共同出資に関する報道については、「当社から発表したものではなく、決定した事実もない」(ルネサス広報部)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.