ニュース
» 2012年10月01日 11時29分 UPDATE

CEATEC 2012 開催直前情報:“磁石元年”掲げるTDK、マグネットルネッサンスなど3ゾーンで展示

「CEATEC 2012」におけるTDKのテーマは「素材技術で社会インフラの進化に貢献」だ。今後の成長が見込まれる「次世代情報通信市場」「エネルギー関連市場」、そして、今年を磁石元年と定めて技術開発に力を入れている磁石に分けて最新製品や技術の展示とデモを行なう。

[MONOist]

 2012年10月2〜6日の5日間、最先端ITとエレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2012(以下、CEATEC 2012)」が開催される。

 CEATEC 2012の開催に先立ち、アイティメディアが運営するエレクトロニクス系3メディア、EE Times JapanEDN JapanMONOistではCEATEC 2012の特設ページを設け、各編集部が厳選した注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントリポートなどを多数紹介していく。

 本稿では、素材技術を基盤に次世代情報通信とエネルギー関連市場へ取り組むTDKの出展内容を紹介する。

>>3メディア合同「CEATEC JAPAN 2012特集」

レアアースフリーマグネットへの取り組み

 CEATEC 2012におけるTDKブースのテーマは「素材技術で社会インフラの進化に貢献」だ。今年は、TDKが事業展開する「次世代情報通信市場」「エネルギー関連市場」をテーマにした2ゾーンに、技術開発に力を入れている磁石の「マグネットルネッサンス」ゾーンを加え、将来のコンセプト展示を一歩進めた形で、最新製品・技術の展示とデモンストレーションを見せる。要素技術を1つに集約したコーナーも設ける。メインステージでは大型スクリーンを使って、素材技術を基盤に次世代情報通信とエネルギー関連市場へ新たな挑戦を展開するTDKの取り組みを分かりやすいビジュアルで紹介する。

ns_TDK_booth.jpg TDKの展示ブースのイメージ 出典:TDK

 次世代情報通信市場ゾーンでは、モバイル端末用ワイヤレス給電コイルやデータセンター向け分散給電システムなどのソリューションを、エネルギー関連市場ゾーンでは、ワイヤレス給電システムや電流センサなどを展示する。マグネットルネッサンスゾーンでは、ディスプロシウムフリーのネオジム磁石やランタン/コバルトフリーのフェライト磁石といったレアアースフリーマグネットへのTDKの最新の取り組みを披露する。

ワイヤレス給電や省エネ関連製品も

 スマートフォンや携帯電話など小型電子機器に欠かせない極小・薄型部品関連では、TDKの主要事業であるHDDヘッドで培われた薄膜技術を受動部品として横展開した製品を紹介する。普及が進むワイヤレス給電関連では、デモンストレーションを交えてTDKの技術をアピール。省エネ関連ではスマートグリッド社会への変革が進む中で、充放電の役割を担う双方向コンバータを、HEMS、BEMSを想定したデモンストレーションで紹介する。

CEATEC JAPAN 2012(CEATEC 2012)

会期 2012年10月2日(火)〜6日(土)
時間 10:00〜17:00
会場 幕張メッセ
TDK ブースNo.:7F06


CEATEC JAPAN 2012特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.