ニュース
» 2012年10月05日 17時45分 UPDATE

オープンソースでのリーダーシップを強化:Yocto Projectベースの商用組み込みLinux OS「Wind River Linux 5」

米Wind Riverの日本法人であるウインドリバーは、商用組み込みLinux OSの最新版「Wind River Linux 5」に関する記者説明会を都内で開催した。

[八木沢篤,MONOist]
Wind River Linux 5

 2012年10月5日、米Wind Riverの日本法人であるウインドリバーは、商用組み込みLinux OSの最新版「Wind River Linux 5」に関する記者説明会を都内で開催。米Wind River オープンソース プラットフォーム担当 シニアプロダクトマネージャーのダビデ・リッチ氏が電話回線を通じ、本国から新製品の特徴をアピールした。

 Wind River Linux 5は、The Linux Foundationが主導する組み込みLinuxの開発支援を行うワーキンググループYocto Projectが提供する「Yocto Project Release 1.2」をコア基盤に採用しており、Yocto Project Compatibleのボードサポートパッケージ(BSP)、ソフトウェア、ミドルウェアを利用することができる。これにより、プラットフォーム間の互換性とコンポーネントの相互運用性が向上し、ソフトウェア/ミドルウェアの移植性・拡張性を高め、メンテナンスコストの削減に貢献できるという。

Wind River Linux 5のアーキテクチャ 「Wind River Linux 5」のアーキテクチャ (出典:ウインドリバーの発表スライドより)

 「当社はYocto Projectの創設メンバー(2010年設立)であり、これまで積極的にプロジェクトに貢献してきた。今回、『Wind River Linux』のコア基盤に初めてYocto Projectを採用した。その理由としては、Yocto Projectが Release 1.2になり、技術的に成熟した点が挙げられる」(ダビデ氏)。

 Wind River Linux 5は、Yocto Projectとの互換性に加え、同社がこれまで提供してきた商用Linuxプラットフォームならではの高い品質、強力な開発・解析ツール、サポート/メンテナンス、プロフェッショナルサービスなどを併せて提供することで、その優位性を強化している。

Yocto Projectを超えるWind River Linuxの優位性 Yocto Projectを超えるWind River Linuxの優位性 (出典:ウインドリバーの発表スライドより)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.