ニュース
» 2012年10月15日 17時27分 UPDATE

ユニクロ・サンフランシスコ店で運用開始:「試着中の衣類の色が変化する」――気軽にカラーバリエーションを試せるバーチャル試着システム

大日本印刷(DNP)は、カラーバリエーションが豊富な衣類をディスプレイ上で楽しみながら試着できる「バーチャル試着システム」を開発。ユニクロが2012年10月5日にオープンした、米国サンフランシスコ店に導入されたことを発表した。

[八木沢篤,MONOist]
バーチャル試着システム(UNIQLO MAGIC MIRROR)

 大日本印刷(DNP)は2012年10月15日、カラーバリエーションが豊富な衣類をディスプレイ上で楽しみながら試着できる「バーチャル試着システム」を開発し、カジュアル衣料品チェーンのユニクロが10月5日にオープンした、米国サンフランシスコ店に導入されたことを発表した。

 同システムは、60インチの大型ディスプレイと、タブレット端末、カメラで構成される。AR(拡張現実)技術を用い、“衣類の色”からジャケットやフリースなどの商品の種類を識別できるのが特徴である。大型ディスプレイは、通常、鏡として使用することができ、システム利用時に画像を表示するハーフミラーとして機能する。

 顧客が、試着用の商品を着て鏡の前に立ち、鏡の横に設置したタブレット端末で試着した商品とは別のカラーバリエーションを選択すると、ディスプレイに映っている試着中の商品(衣類)の色が変化する。

 わざわざ試着し直さなくても、豊富なカラーバリエーションの中から、自分の似合う色を検討・イメージしやすくなり、商品購入へとつなげる効果が期待できるという。こうした機能の他にも、タブレット端末のメニューには、バーチャル試着した自分の姿をカメラで撮影し、その画像をメールで送信したり、SNSに投稿したりできる機能も備えている。

ユニクロ・サンフランシスコ店に導入されたバーチャル試着システム(UNIQLO MAGIC MIRROR) ユニクロ・サンフランシスコ店に導入されたバーチャル試着システム(UNIQLO MAGIC MIRROR)。60インチの大型ディスプレイと、タブレット端末、カメラで構成される (出典:プレスリリース)

 識別用マーカーをカメラで読み取り、関連する情報をディスプレイに表示する従来方式では、商品情報を個別に登録する必要があり、導入・運用時の負荷が高かった。これに対し、“色の違いから衣類の種類を認識する”今回の方式では、試着アイテムの追加が比較的用に行える。

 ユニクロ・サンフランシスコ店では、同システムを「UNIQLO MAGIC MIRROR」とし、店舗内に2台設置。「プレミアムダウンウルトラライトジャケット(MEN:12カラー、WOMEN:8カラー)」「フリース(MEN:25カラー、WOMEN:25カラー)」の2商品を試着対象として運用を開始している。

 DNPは、同システムを流通・小売業界に向けて提供し、2015年度までに3億円の売上を目指すとしている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.