連載
» 2012年10月17日 10時00分 UPDATE

山浦恒央の“くみこみ”な話(47):【総まとめ】ソフトウェア技術者の最高の能力は見積もりだ! (1/2)

「『見積もり』は、ソフトウェア開発における大きなテーマであり、ソフトウェア工学における最重要課題の1つである」――。見積もり・シリーズついに完結。これまでお届けしてきた重要ポイントをおさらいする!

[山浦恒央 東海大学 大学院 組込み技術研究科 准教授(工学博士),MONOist]

はじめに

 2011年5月から全16回にわたって、ソフトウェア開発におけるスケジュールやコストの“見積もり”について紹介してきました。

 これまで何度も繰り返してきた通り、「『見積もり』は、ソフトウェア開発における大きなテーマであり、ソフトウェア工学における最重要課題の1つでもあります」。

 この“見積もり・シリーズ”では、「見積もりの目的(正確に見積もるだけでは不十分)」「見積もりの具体的な方法(精度を上げるため、少なくとも、2つ以上の方法で見積もる必要がある)」「見積もりの応用(見積もり値に合わせる制御と再見積もり)」「見積もりの調整(状況に応じて開発量とスケジュールを再見積もりしなければならない)」について解説してきました。

 具体的には、見積もり技法の基本として、過去の類似プロジェクトから予測する方法(類推法の一種)、LOC(Lines of Code)やFP(Function Point)を計測する方法(積み上げ法の一種)、SLIM(Software Life Cycle Management)による見積もり法(パラメトリックス法の一種)。さらに、FP試算法、トリアージュ、SLIMの3つの技法を駆使して、デスマーチ・プロジェクトに正面から立ち向かう方法も紹介しました。

 いよいよ、見積もり・シリーズの最終回です。今回は、これまでお届けしてきた内容から重要ポイントを抽出し、“総まとめ”といたします。

1.2つ以上の方法で見積もる

 ソフトウェアの「規模」「スケジュール」「コスト」を見積もる技法として、唯一無二の方法というものは存在しません。

 見積もりは、以下の3つの技法が基本となります。

  1. 類推法 ……過去の類似プロジェクトから予測する方法
  2. 積み上げ法 ……見積もりの王様的技法。開発対象のソフトウェアをモジュールに分解してLOCを見積もったり、ファイルやデータからFPを予測したりする方法(FP試算法
  3. パラメトリックス法 ……数学的モデルを使う方法(パッケージになっていることが多い)

 そして、これらの技法の中から、1つではなく、“2つ以上”を使って見積もることが何より重要です。中でもオススメは、類推法FP試算法の組み合わせです。特に、FP試算法は、30分程度で見積もり法を習得できる上に、ソースコード行数を見積もるよりもはるかに精度が高いので、ぜひ活用してみてください(FPアレルギーの人は、だまされたと思って、一度適用してみてください)。

2.デスマーチ・プロジェクトを視野に入れる

 ソフトウェア開発プロジェクトを成功に導くには、「いかに、デスマーチ・プロジェクトに対処するか」を常に考えねばなりません。

 仮に、高精度な見積もりができたとしても、デスマーチ・プロジェクト問題そのものが解決するわけではありません。なぜなら、デスマーチ・プロジェクトは、開発期間やコスト(人月)が政治的な理由であらかじめ決まっており、問答無用にこの「実現不可能なスケジュール(無理難題スケジュール)」を押し付けられてしまうからです。

 この無理難題スケジュールを提示された際に、開発側のプロジェクトマネジャーが「うーん。大変だけど、残業と休日出勤で頑張れば乗り切れる!」と判断したら……。発注側と開発側の双方が確実に共倒れします。

 プロジェクトマネジャーは、以下の4つのステップを実施する必要があります。

ステップ(1) まず、発注側の要求仕様を「必須」「必要」「希望」の3つに分類します。全ての機能を実装する時間がない場合は、優先順位の高い機能から作ります(トリアージュ)。

ステップ(2) 要求仕様をベースに、3種類の見積もり法(類推法/積み上げ法(FP試算法)/パラメトリックス法)を駆使して開発対象規模を見積もります。ここでは、開発規模を水増ししていないことを発注側に証明するため、“客観性のある見積もり方法”、例えば、FP試算法を使うことが重要です。

ステップ(3) 開発規模から、SLIMを適用して、「最短開発期間(1万人のエンジニアを投入したとしても、この期間より絶対に短くならないという月数)」を求めます。発注側が提示したスケジュールの方が、最短開発期間よりも短い場合、このプロジェクトは確実に失敗します。

ステップ(4) 世界の6300以上のプロジェクトで、最短開発期間よりも短い日数で開発できた事例は1つもないことを発注側に理解してもらい、実装する機能の量(必須/必要/希望のうち、どの範囲を開発対象とするか)と、開発期間を発注側と調整します。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.