ニュース
» 2012年10月25日 09時58分 UPDATE

ET2012 開催直前情報:「重層的ソリューション」と「相談コーナー」で組み込みLinuxへの幅広い取り組みを示すリネオ

「Embedded Technology 2012」においてリネオソリューションズは、製品や受託開発、サポートだけを利用してもらうのではなく、顧客のニーズに合わせて提供可能な“柔軟なソリューション”を提示する。

[MONOist]

 2012年11月14〜16日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展(以下、ET2012)」が開催される。

 ET2012開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2012の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 本稿で紹介するのはリネオソリューションズ(以下、リネオ)だ。組み込み向けLinuxをコアとする開発環境やソフトウェア、開発支援サービスなどを提供する同社では、「リネオが提供する製品やサービスがどのように利用できるか」を重層的なソリューションとして提示する。

>>3メディア合同「Embedded Technology 2012特集」

各社最新製品/ボード対応の製品群を一堂に

 リネオは今回のET2012で、フリースケール・セミコンダクタのi.MX 6やVybrid、ルネサス エレクトロニクスのR-Mobile A1、三菱電機のC言語コントローラなど各社の最新製品・ボードに対応する、同社の開発環境、ツール、高速起動、組み込みデータベースといった製品群をブースにそろえ、どのように使えるかを展示。同時に、新しいハードウェアへの取り組みや新しいサービスについても紹介する。

製品群 リネオソリューションズの製品・サービス群

 また、Linuxを製品に搭載するに当たって、迷っていたり、開発中に困っていたり、課題を抱えていたりする開発者の問いに、リネオの技術者が懇切丁寧に答える「組み込みLinux相談コーナー」も設けるという。

NewSoftのデジタルサイネージ製品も

 新しくリネオとパートナー契約を結んだ台湾のNewSoftのデジタルサイネージ製品と多様なソリューションも今回のET2012で披露する。

 リネオは組み込み業界の技術動向で“車載”に注目している。「コンシューマー向け、業務用機器などでLinuxは広く使われており、“車載”は“その時”を迎えています。超高速起動ソリューション『Warp!!』は進化しており、“車載用機器”にも対応を広げています」(同社)。

Warp!! 超高速起動ソリューション「Warp!!」のロゴイメージ

 ET2012への出展に際し、同社は「ETは毎年、組み込み製品開発に携わる方々が多く来場されるため、より専門的に、そして具体的なお話ができる場と捉えています。そのような場において、リネオとしては、製品やサービスをより詳しく知っていただくことで、お客さまの“製品開発の後押し”をさせていただければと考えています。さらに、今回は初めての紹介となる“新しい方向性”を多くの方にお知らせする場として、大いに期待しています」と語る。

Embedded Technology 2012/組込み総合技術展

会期 2012年11月14日(水)〜16日(金)
時間 10:00〜17:00(15日(木)は18:00に終了)
会場 パシフィコ横浜
リネオソリューションズ・ブースNo. D-02


Embedded Technology 2012特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.