ニュース
» 2012年11月02日 07時00分 UPDATE

エコカー技術:ダウンサイジング過給の「N-ONE Tourer」、競合の軽ターボを上回るトルク性能 (1/2)

ホンダの軽自動車「Nシリーズ」の第3弾「N-ONE」のターボチャージャ搭載車種である「N-ONE Tourer」は、「ダウンサイジング過給」を取り入れている。競合車種となるスズキの「ワゴンR スティングレー」、ダイハツ工業の「ムーヴ カスタム」と比較した。

[朴尚洙,MONOist]
ホンダの「N-ONE Tourer」

 ホンダは2012年11月1日、軽自動車「N-ONE」を発表した。車両の全高が1700mmを超える軽スーパーハイトワゴンの「N BOX」、N BOXの派生モデルとなる「N BOX +」に次ぐ、同社の軽自動車「Nシリーズ」の第3弾である。

 N-ONEは、全高が1550〜1700mmの軽ハイトワゴンである。軽自動車のメインストリームといえる市場であり、2012年9月にフルモデルチェンジしたスズキの「ワゴンR」(関連記事)やダイハツ工業の「ムーヴ」と激しく競合することになる。

ホンダの「N-ONE Tourer」 ホンダの「N-ONE Tourer」(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 N-ONEの技術面で注目されるのが、ターボチャージャ搭載車種である「N-ONE Tourer」において、日産自動車のコンパクトカー「ノート」や欧州自動車メーカーの車両と同様に、「ダウンサイジング過給」を取り入れたと主張している点だ。

 ダウンサイジング過給とは、エンジンの排気量を減らしながらも、加速時に必要となるトルクはターボチャージャやスーパーチャージャのような過給器を用いて得るという、エンジン開発のコンセプトである。ホンダによれば、「従来の軽自動車では、ターボチャージャ搭載車種は、単なるハイパワーバージョンにすぎなかった。N-ONE Tourerは、エンジン排気量が0.66l(リットル)の軽自動車でも、排気量1.3lクラスの小型車以上の走りを実現できるという考え方を基に開発した」という。

「N-ONE」と「N-ONE Tourer」の走行性能イメージ 「N-ONE」と「N-ONE Tourer」の走行性能イメージ。N-ONE Tourerは、排気量1.3lクラスの小型車以上の走りを目指して開発された。(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 N-ONE Tourerのエンジン性能は、最高出力が47kW/6000rpm(回転/分)にとどまるものの、最大トルクは105Nm/2600rpmと軽自動車としては極めて大きい。2600rpmという比較的低い回転数で105Nmという最大トルクに到達するため、加速性能は排気量1.3lクラスの小型車を上回っている。時速0〜60kmの加速時間で比較すると、排気量1.3lのガソリンエンジンを搭載する小型車「フィット」が5秒後半であるのに対して、N-ONE Tourerは5秒強と上回っている。排気量1.5lのガソリンエンジンを搭載するフィットとほぼ同等である。

「N-ONE Tourer」のエンジン(左)と性能曲線図 「N-ONE Tourer」のエンジン(左)と性能曲線図。性能曲線図では、2600〜4000rpmまで、104Nmという最大トルクが得られることが分かる。(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 ターボチャージャ非搭載のN-ONEは、時速0〜60kmの加速時間が7秒後半である。このことを考えれば、N-ONE Tourerの走行性能の高さが理解できるだろう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.