ニュース
» 2012年11月05日 12時35分 UPDATE

FAソリューション:三菱、生産設備のトータルコストを削減する「iQ Sensor Solution」を展開

三菱電機は、MELSECシリーズに接続したエンジニアリングツール「GX Works2」のみで、簡単に産業用センサーの接続・調整が行える新コンセプトのセンサーソリューション「iQ Sensor Solution」の展開開始を発表した。

[八木沢篤,MONOist]
mitsubishielectric

 近年、製造ラインで多く使用されている産業用センサーの高機能化に伴い、センサーが故障する前に対策を講じてトラブルを回避する“予防保全”への取り組みが求められている。

 一般的に、製造ラインにおける産業用センサーの予防保全は、センサーとシーケンサーを接続して情報を収集・調整することが必要になるが、多くの場合、センサーごとに設定ツールが異なるため、非常に手間の掛かる作業とされていた。

 こうした課題を踏まえ、三菱電機は2012年11月5日、同社のシーケンサー(MELSECシリーズ)に接続したエンジニアリングツール(シーケンスプログラミングソフトウェア「GX Works2」)のみで、簡単に産業用センサーの接続・調整が行える新コンセプトのセンサーソリューション「iQ Sensor Solution(以下、iQSS)」の展開を開始すると発表した。

 iQSSの特徴は、1つの設定ツールで複数の産業用センサーを一括管理できる点にある。立上げ、モニター、パラメーター設定が容易に行え、作業者の負荷を軽減できるという。さらに、GX Works2がセンサーを自動認識し、センサーの状態やエラーを一括把握できる他、製造現場のプログラマブル表示器(GOT1000シリーズ)上でもセンサーの状態を把握できる(画像1)。

iQ Sensor Solution 画像1 「iQ Sensor Solution」の活用イメージ(出典:三菱電機)

 同社は、iQSSのことを“生産設備の開発から保守までのトータルコスト削減に貢献するセンサーソリューション”と位置付け、パートナーであるセンサーメーカーとの連携を強化していく。第1弾として、エニイワイヤ製「AnyWireASLINK」との連携を開始。以降、パナソニックデバイスSUNX、コグネックス、オプテックス・エフエーと連携し、接続できるセンサー数を増やしていく方針だ()。

※注:コグネックス、オプテックス・エフエーは時期バージョン以降の対応。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.