ニュース
» 2012年11月13日 07時00分 UPDATE

安全システム:年間7000件発生するペダル踏み間違い事故の被害を軽減、トヨタの新安全システム

トヨタ自動車は、駐車場内でのペダルの踏み間違いやシフトの誤操作による衝突事故被害を軽減できる安全システムを開発した。国内で年間約7000件発生しているペダル踏み間違いによる急発進事故の被害軽減に寄与できるという。

[朴尚洙,MONOist]
トヨタ自動車の安全システム「インテリジェント クリアランス ソナー」

 トヨタ自動車は2012年11月12日、駐車場内でのペダルの踏み間違いやシフトの誤操作による衝突事故被害を軽減できる安全システムを開発したと発表した。国内で年間約7000件発生している、ペダル踏み間違いによる急発進事故の被害を軽減することを目的としており、今後発表する新型車に採用する計画である。

 開発した安全システムは2つある。1つは、ペダルの踏み間違いなどによって車両が急発進した場合に衝突被害を軽減できる「インテリジェント クリアランス ソナー」である。インテリジェント クリアランス ソナーは、駐車時などに超音波センサーで車両周囲の障害物を検知する「クリアランス ソナー」の進化版に当たる。車両の発進時に、自車の進行方向に壁などの障害物を認識した場合、クリアランス ソナーの機能である警報機能によってドライバーに知らせるとともに、障害物との距離やアクセルペダルの踏み込み度合いといった状況に応じてエンジンやモーターの出力を制御し、それでも衝突しそうな場合には自動でブレーキをかける。

「インテリジェント クリアランス ソナー」の動作イメージ 「インテリジェント クリアランス ソナー」の動作イメージ(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 もう1つは、アクセルを踏んだまま「R」レンジから「D」レンジにシフト変更するなど、通常とは異なるアクセルやシフトの操作を行った場合に、エンジンやモーターの出力を制御して、車両の急発進や急加速を抑制する「ドライブ スタート コントロール」だ。

 駐車場などでRレンジに入れて後退している最中に、想定外の障害物にぶつかってしまい、アクセルを踏み込んだ状態のまま、あわてて「R」レンジから「D」レンジにシフト変更すると、前方に急加速してしまう可能性がある。ドライブ スタート コントロールは、このようなアクセルを踏んだままシフト操作した場合の急加速を防ぐシステムである。RレンジからDレンジの他にも、DレンジからRレンジ、「N」レンジからRレンジ、「P」レンジからDレンジ、PレンジからRレンジへのシフト変更も想定しているという。

「ドライブ スタート コントロール」の動作イメージ 「ドライブ スタート コントロール」の動作イメージ(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

関連キーワード

安全 | 事故 | トヨタ自動車 | 誤操作 | 超音波


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.