ニュース
» 2012年11月13日 12時22分 UPDATE

標準GUI環境に「Qt 5」を採用予定:画面出力に“特化”した組み込みプラットフォーム「Armadillo-840」発表

アットマークテクノは、先日発表したインテリジェントカメラ向けプラットフォーム「Armadillo-810」に続く、“特化”が特徴の組み込みプラットフォーム製品の第2弾、「Armadillo-840」を発表した。小型のデジタルサイネージ端末やセットトップボックスなど、画面出力機器向けだという。

[八木沢篤,MONOist]
Armadillo-840

 アットマークテクノは2012年11月12日、「Armadillo-840(アルマジロ・ハチヨンマル)」を発表した。同年11月5日に発表したインテリジェントカメラ向けプラットフォーム「Armadillo-810」に続く(関連記事)、“特化”が特徴の組み込みプラットフォームである。

 Armadillo-840は、HDMI接続による外部ディスプレイへの映像出力(Full HD:1920×1080ピクセル)に対応している他、外部拡張により最大でWXGA+サイズ(1440×900ピクセル)までのタッチパネル液晶を接続できる。30fpsでのH.264動画再生が可能で、小型のデジタルサイネージ端末やセットトップボックス、券売機や店舗の情報端末など、画面出力機器向けに特化した組み込みプラットフォームとして位置付けられている。

Armadillo-840 画面出力に特化した組み込みプラットフォーム「Armadillo-840」

 Armadillo-840は、ルネサス エレクトロニクス製アプリケーションプロセッサ「R-Mobile A1」を採用している。R-Mobile A1は、メインCPUの「ARM Cortex-A9」の他、画像・音声のリアルタイム制御用に「SH-4A」も搭載しており、メインCPUに負荷を掛けずに、画像・音声処理を行うことが可能だ。この特徴を生かし、Armadillo-840には、日立超LSIシステムズのマルチコアプロセッサ対応OSソリューション「リアルタイム・オーガナイザ」をベースに開発した、「AVコーデックミドルウェア」が標準添付される。これにより、H.264、JPEG、AACに対応した組み込み機器をすぐに開発・量産することができるという。

 標準GUI環境には、「Qt 5」が採用される予定だ。Armadillo-840は、QtライブラリがAVコーデックミドルウェアと統合されており、Qt 5アプリケーションから動画・音声を再生できる。さらに、R-Mobile A1に搭載されたグラフィックスコア「PowerVR SGX」にも対応しているため、滑らかな3Dグラフィックス描画も可能だ。

 金属ケース付きの「Armadillo-840 ベーシックモデル開発セット(型番:A8400-D00Z)」を2013年3月に、タッチパネル液晶付きの「Armadillo-840 液晶モデル開発セット(型番:A8401-D00Z)」を同年5月に発売する予定である。

ベーシックモデル開発セット液晶モデル開発セット (左)Armadillo-840 ベーシックモデル開発セット/(右)Armadillo-840 液晶モデル開発セット

 なお、同社は2012年11月14〜16日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展」に出展(ブース:F-16)し、Armadillo-840のプロトタイプ展示を行う。

Embedded Technology 2012特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.