ニュース
» 2012年11月16日 19時24分 UPDATE

ET2012:これが噂の「ビート」後継モデル? 実はクルマ好き社員が作ったコンバートEV

日立アドバンストデジタルは、画像認識技術を用いた車載システムの展示に、後継モデルの開発が期待されている軽スポーツカー「ビート」を使用していた。これは、同社のクルマ好き社員が、電気自動車(EV)に改造中のものである。

[朴尚洙,MONOist]
日立アドバンストデジタルが展示していた「ビート」のコンバートEV

 日立アドバンストデジタルは、「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展(ET2012)」(2012年11月14〜16日、パシフィコ横浜)において、同社の画像認識技術を用いた車載システムへの応用例を展示した。

 展示したのは、ドアミラーを見つめるだけで最適な角度に調整してくれる「インテリジェントドアミラー」、ドライバーの健康状態を検出する「ドライバーバイタルモニタリングシステム」、4台の車載カメラの映像を無線LANで車載情報機器に送信して録画する「ソフトウェアドライブレコーダ」の3つ。

 しかしこれら以上に注目を集めたのが、車載システムを展示するためのベース車両である。ホンダの軽スポーツカー「ビート」を電気自動車(EV)に改造したコンバートEVを使用していたのだ。

sp_121116et2012_hitaichiad_01.jpgsp_121116et2012_hitaichiad_02.jpg 日立アドバンストデジタルが展示していた「ビート」のコンバートEVの外観(左)と車室内部。画像認識技術を用いた3つの車載システムの紹介に利用している。(クリックで拡大)

 このコンバートEV、日立アドバンストデジタルのクルマ好きの社員が集まって、2012年6月から開発しているもの。満充電からの走行距離が実走行値で40km程度、最高時速が80kmになるように開発を進めている。開発完了は2013年2月を予定しており、その後ナンバーを取得して公道を走行させたいという。

Embedded Technology 2012特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.