ニュース
» 2012年11月19日 19時51分 UPDATE

ET2012:EDAツール大手のメンターが衣替え? 車載システム開発ツールをアピール

EDAツールの有力ベンダーとして知られるメンター・グラフィックス・ジャパン。ET2012では、車載システムの開発に利用可能なツール製品群を前面に押し出した展示を行った。

[朴尚洙,MONOist]
車載システムの開発に利用可能なメンターのツール製品群

 メンター・グラフィックス・ジャパン(以下、メンター)は、「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展(ET2012)」(2012年11月14〜16日、パシフィコ横浜)において、車載システムの開発に利用可能な同社のツール製品群を一括して披露した。

 メンターといえば、半導体の回路設計に用いるEDA(Electronic Design Automation)ツールや、プリント基板の回路設計ツールで知られている。今回は、ET2012の会場内で同時開催された回路設計ツールの展示会「Electronic Design and Solution Fair 2012(EDSFair2012)」内での出展であるものの、車両内部のワイヤーハーネスの設計に用いる「Capital」や、車載ネットワークやAUTOSARに準拠した車載ソフトウェアの開発ツール「Volcano」といった車載システム向けの製品だけでなく、システムモデリングツール「System Vision」やプリント基板向け熱解析ツール「FloTHERM」などについても、車載システムに特化した展示を行っていた。

車載システムの開発に利用可能なメンターのツール製品群 車載システムの開発に利用可能なメンターのツール製品群。自動車のミニチュアモデルを使って車両内部のどの部分でこれらのツールが利用できるのかを示している。(クリックで拡大)

 これらの他にも、車載情報機器のソフトウェア開発に用いる製品群「Mentor Embedded IVIプラットフォーム」も展示していた。

 IVIとは、車載情報機器の英語表記に当たるIn-Vehicle Infotainmentの略である。自動車メーカーなどが中心になって策定している、Linuxベースの車載情報機器プラットフォーム「GENIVI」に準拠したミドルウェアや、高度なユーザーインタフェース(UI)の開発が容易になる「Inflexion UI」、Eclipseベースの統合開発環境である「Sourcery CodeBench」などから構成されている。OSとしては、The Linux Foundationが主導する組み込みLinuxの開発支援を行うワーキンググループYocto Projectから提供されている「Yocto Project Release 1.3」との互換性を持つ「Mentor Embedded Linux」を利用できる。

「Mentor Embedded IVIプラットフォーム」のデモ展示 「Mentor Embedded IVIプラットフォーム」のデモ展示。「Inflexion UI」で開発したUIを、「GENIVI」準拠のミドルウェアや「Mentor Embedded Linux」を使って動作させている。ディスプレイの右側にある評価ボードのプロセッサは、ARMのアプリケーション処理用プロセッサコア「Cortex-A9」を4個搭載するFreescale Semiconductorの「i.MX 6Quad」である。(クリックで拡大)
Embedded Technology 2012特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.