ニュース
» 2012年11月27日 18時30分 UPDATE

米Autodeskの記者発表会:なぜクラウド製品やコンシューマ向け製品に取り組むのか (1/2)

CADツール「AutoCAD」などプロフェッショナルツールで長年知られてきたAutodeskは、クラウドシステムやコンシューマ向けツールに力を入れている。その現状や理由について、同社の経営幹部らが述べた。

[小林由美,MONOist]

 米Autodeskは2012年11月26日(現地時間)、米国ネバダ州ラスベガスで同年11月27〜28日に開催するユーザーイベント「Autodesk University 2012」に先駆け、記者発表会を開催した。同社の経営幹部らがクラウド製品のビジネスやコンシューマ向け製品の現状や今後の展開について語った。

 米Autodesk 上級副社長 アンドリュー・アナグノスト(Andrew Anagnost)氏は、同社のクラウドサービス「Autodesk 360」のビジネスや、BIM(Building Information Modeling)のユーザー事例、新製品について紹介した。同社ではBIMやPLM、CAEなど、従来は高級だったシステムをクラウドベースで提供することで、中小企業ユーザーを拡大しようと試みてきた。

 2012年6月に発表した「Autodesk BIM 360」については既に100万ユーザーを突破し、「1日あたりアクティブユーザー数が1200ほど。毎月11万枚の写真がアップロードされている状況」とアナグノスト氏は説明した。

 同氏が紹介した新iPadアプリケーション「Autodesk FormIt」は、建物の写真の中に、設計中の3次元モデルを配置してシミュレーション表示でき、データをクラウド環境で保存・共有可能だ。日照や影も設定できる。こちらは、同社のBIMツール「Autodesk Revit」とも連携する。Autodesk FormItは、App Storeから購入可能だ。

yk_au201201_01.jpg 米Autodesk 上級副社長 アンドリュー・アナグノスト(Andrew Anagnost)氏

yk_au201201_01_2.jpg Autodesk FormItのデモ

yk_au201201_02.jpg 米Autodesk 技術担当副社長兼CTO ジョン・ピットマン(Jon Pittman)氏は、各国で開催するAutodesk University 2012の概要や翌日のイベントの見どころなど紹介

yk_au201201_03.jpg 米Autodesk 慈善活動&サステナビリティ シニアディレクター リネル・キャメロン(Lynelle Cameron)氏は、サステナビリティ事業やビジョンについて語った

yk_au201201_04.jpg 米Autodesk CFO マーク・ホーキンス氏(Mark Hawkins)氏は、事業環境について説明
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.