ニュース
» 2012年11月30日 16時30分 UPDATE

電気自動車:「アウトランダーPHEV」は300万円以下で購入可、複合燃費は「プリウスPHV」以上

三菱自動車は、2013年1月に発売するプラグインハイブリッド車(PHEV)「アウトランダーPHEV」の予約受付を開始した。最も安価な「E」グレードは、補助金を含めて300万円以下で購入できる。2012年9月発表時よりも、PHEVシステム関連の性能値が向上しており、PHEV向けの燃費である複合燃費(JC08モード)は「プリウスPHV」を上回った。

[朴尚洙,MONOist]
三菱自動車のPHEV「アウトランダーPHEV」

 三菱自動車は2012年11月30日、2013年1月に発売するSUV(スポーツ多目的車)タイプのプラグインハイブリッド車(PHEV)「アウトランダーPHEV」の予約受付を開始したと発表した。装備を絞り込んだ「E」グレードであれば、経済産業省の「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」を含めて300万円以下で購入できるという。

三菱自動車のPHEV「アウトランダーPHEV」 三菱自動車のPHEV「アウトランダーPHEV」(クリックで拡大) 出典:三菱自動車

 アウトランダーPHEVのグレードは最も安価なEを含めて5グレードを用意する。Eの他は、一般グレードの「G」、先進安全システム「e-Assist」を標準装備する「G Safety Package」、G Safety Packageにカーナビゲーションシステムなどを追加した「G Navi Package」、さらに本革シートなどの快適装備も充実させた「G Premium Package」となっている。Gグレードは、補助金を含めて約320万円で購入可能である。

 アウトランダーPHEVのベース車である「アウトランダー」の場合、e-Assistを標準装備するグレードと、装備しないグレードの差額は9万5000円である。この金額を考慮すれば、アウトランダーPHEVのG Safety Packageは約330万円で購入できるとみられる。

2012年9月発表時より性能が向上

 今回のアウトランダーPHEVの予約受付開始に当たって発表された、PHEVシステムに関連する性能値は、2012年9月の「パリモーターショー 2012」に出展したときと比べて、大幅に向上している。表1で、アウトランダーPHEVの今回発表と前回発表、同じPHEVであるトヨタ自動車の「プリウスPHV」について、PHEVシステム関連の性能値を比較した。

車両名 アウトランダーPHEV(今回発表) アウトランダーPHEV(9月発表) プリウスPHV
満充電からの走行距離 60.2km 55km以上 26.4km
複合燃費(JC08モード) 67.0km/l 61.0km/l以上 61.0km/l
ハイブリッド燃費(JC08モード) 18.6km/l 非公開 31.6km/l
充電時間(200V電源) 約4時間 約4.5時間 約1.5時間
電池容量 12kWh 12kWh 4.4kWh
補助金を含めた購入可能価格 300万円以下 非公開 255万円
表1 「アウトランダーPHEV」と「プリウスPHV」の性能比較

 満充電からの走行距離は、55km以上から60.2kmになった。PHEV向けの燃費である複合燃費(JC08モード)は、プリウスPHVの61.0km/l(リットル)よりも良好な67.0km/lを達成している。燃料タンクが満タン、電池パックが満充電の状態から、ガソリンの補給や充電を行わずに走行できる距離も、880km以上から892kmに向上した。200V電源による満充電までの時間も、約4.5時間から約4時間と短くなっている。

 これまで公開していなかった、ハイブリッド車モードで走行する際のJC08モード燃費は18.6km/lとなった。この値は、プリウスPHVの31.6km/lを下回るものの、トヨタ自動車のSUVタイプのハイブリッド車(HEV)「レクサス RX450h」の16.8km/l(AWD車の場合)よりも良好である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.