ニュース
» 2012年12月03日 17時15分 UPDATE

FAニュース/産業用ロボット:エプソン、小型6軸ロボットの新商品「C4シリーズ」販売開始へ

エプソンは、小型部品の精密組み立てに適したコンパクト6軸ロボット「C4」「C4L」の2機種と、新しい産業用ロボットコントローラー「RC700」および画像処理オプション「Vision Guide 7.0」を発売する。

[八木沢篤,MONOist]
エプソン「C4シリーズ」

 エプソンは2012年12月3日、小型部品の精密組み立てに適した垂直6軸型産業用ロボットの新商品、コンパクト6軸ロボット「C4」と同「C4L」の2機種(C4シリーズ)を12月下旬より順次発売すると発表した。従来機のC3シリーズの後継機種に当たり、それぞれアーム長が異なる(C4:600mm、C4L:900mm)。

 新シリーズでは、電気・電子分野の組み立て作業や自動車部品の搬送に求められる、高速・高精度な作業の実現、コンパクトな設置性といった従来機の特徴はそのままに、生産性や可搬重量をさらに向上させた。振動を抑制する同社独自技術により、600mmのアームを持つC4において、負荷3kgでの標準サイクルタイムが0.43秒と、C3シリーズと比べておよそ20%短縮している。さらに、可搬重量が3kgから4kgに向上している。加工機への搬送作業や小型成型機からの取り出しなど、軽量物のマシンテンディングに活用できるという。

C4シリーズ エプソンの小型6軸ロボット「C4シリーズ」。画像の左が「C4L」、右が「C4」である。周辺機器、壁、天井への干渉が少ないコンパクトボディも特徴の1つだ

 同社は、今回のC4シリーズのリリースに併せ、新しい産業用ロボットコントローラー「RC700」と、画像処理オプション「Vision Guide 7.0」も同時発売する。

 RC700は、従来品の「RC180」「RC620」の機能を統合したもので、シンプルなシステムからより多彩で広範なシステム構築まで対応可能なコントローラーである。もう一方のVision Guide 7.0は、産業用ロボットに作業部品の形状や位置・方向を高速・高精度で認識させるロボット向け画像処理システム。今回のバージョンでは、「外観検査」や傷などの検査に活用できる「欠陥検査」、大型ワーク(搬送・組み立ての対象物)に高精度で対応できる「高解像度」、色違いのワークを選別できる「カラーカメラ採用」といった、ユーザー要望の多かった新機能が搭載されている。

ロボット/ロボット開発 コーナー

ロボット/ロボット開発コーナー
あらゆる技術の集大成といわれる「ロボット」をテーマに、産業、レスキュー、生活支援/介護分野などにおけるロボット開発の実情や、関連する要素技術、研究開発、ロボットコンテスト、ロボットビジネスの最新動向などをお届けする。

>>コーナーTOPはこちらから


関連キーワード

ロボット開発 | ロボット | 自動車 | 工場 | 生産性


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.