ニュース
» 2012年12月11日 17時51分 UPDATE

ビジネスニュース:村田製作所がユビキタスと資本・業務提携、モノのインターネット市場の成長見据え

村田製作所とユビキタスは、近距離無線通信市場における、より一層の競争力の強化と顧客満足の向上、両社間の協力関係の強化を目的に資本・業務提携を発表した。

[八木沢篤,MONOist]
村田製作所

 村田製作所とユビキタスは2012年12月11日、両社間の資本・業務提携に関し、合意書を締結した。近距離無線通信市場における、より一層の競争力の強化と顧客満足の向上を目指して、両社間の協力関係の強化を図る。

 近年、モバイルインターネットの普及などを背景に、さまざまな機器にネットワーク接続機能を付加することが求められ、今後もその重要は拡大すると予想されている。このような社会環境の下、村田製作所は近距離無線通信モジュールおよびそのソフトウェアサポートを、ユビキタスは組み込み機器向けの無線通信関連ミドルウェアなどを提供し、両社はこれまでも複数の案件においてビジネスを展開してきたという。

 今回の業務提携では、急速に市場が拡大する近距離無線関連の両社の製品およびサービスに関し、相互の顧客・潜在顧客に対する共同提案・販売促進活動や技術・市場動向に対する共同での検討活動などを通じた新しいビジネスの模索を進めていく。なお、業務提携をより強固なものとするため、村田製作所は、12月28日を払込期日とし、ユビキタスの第三者割当により同社保有の自己株式2020株(普通株式、発行済株式総数に対し、2.32%)を、1株につき5万1200円(総額約1億342万4000円)で取得する予定である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.