ニュース
» 2012年12月14日 07時15分 UPDATE

エコプロダクツ2012:デンソーが謎の小型スーツケースを開発? 実は容量1kWhのポータブル蓄電池

デンソーは、「エコプロダクツ2012」で、容量1kWhのリチウムイオン電池を搭載するポータブル蓄電池を参考出品した。キャリーハンドルと四輪キャスターを備えており、小型のスーツケースのように持ち運べる。

[朴尚洙,MONOist]
デンソーのポータブル蓄電池

 デンソーは、環境関連製品・技術の展示会「エコプロダクツ2012」(2012年12月13〜15日、東京ビッグサイト)において、容量1kWhのリチウムイオン電池を搭載するポータブル蓄電池を参考出品した。量産販売を前提に開発している製品である。

 このポータブル蓄電池は、キャリーハンドルと四輪キャスターを備えており、小型のスーツケースのように持ち運べる。AC100Vの家電機器の利用が可能で、電源ソケットは2個付いている。連結端子を使えば、5台までの連結ができ、5kWhという大容量の蓄電池としても利用可能だ。タイマー充電機能もあるので、安価な夜間電力で充電して昼間に使うこともできる。

sp_121214ecopro_denso_01.jpgsp_121214ecopro_denso_02.jpg 左の写真は、トヨタ自動車の「プリウスPHV」のトランクに、デンソーのポータブル蓄電池を積み込んだ状態。右の図は、このポータブル蓄電池の説明パネルである。(クリックで拡大) 出典:デンソー

 同社は、リチウムイオン電池そのものは開発していないが、プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に搭載されている大容量リチウムイオン電池の制御システムを開発した実績がある(関連記事1)。また、スマートハウスと電気自動車の間での相互電力供給を直流で行えるV2H(Vehicle to Home)システム向け定置型蓄電池も開発している(関連記事2)。今回のポータブル蓄電池は、これらの技術を応用したものだという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.