ニュース
» 2012年12月14日 17時20分 UPDATE

エコプロダクツ2012:裏表になったフレーム部品をからくりで自動整列、デンソーの「コロ助君」

デンソーは、「エコプロダクツ2012」で、フレーム部品が裏表になって並んでいる状態から、1方向にそろえることができるからくり装置を披露した。名称は「コロ助君」である。

[朴尚洙,MONOist]
デンソーの「コロ助君」

 デンソーは、環境関連製品・技術の展示会「エコプロダクツ2012」(2012年12月13〜15日、東京ビッグサイト)において、機械動力を使わずに、フレーム部品が裏表になって並んでいる状態から、1方向にそろえることができる装置を披露した。フレーム部品の形状を利用して向きをそろえるからくりを採用している。名称は「コロ助君」である。

 同社の熱機器グループでは、ラジエータやエバポレータ、ヒーターコアなどの外枠に、インサートと呼ぶフレーム部品を用いている。コロ助君を使えば、このインサートを組み立て装置の部品供給マガジンに詰める際、全て同じ方向に向いた状態にできる。裏表になったインサートを並べた後は、作業者がスライドレバーを押してインサートをマガジンに落とし込むだけでよいので、機械的な動力は不要である。

「コロ助君」の外観 「コロ助君」の外観(クリックで拡大)

 そろえたい方向と異なるインサートがマガジンに落とし込まれる部分にくると、インサートを「コロリ」と回転させて方向をそろえるからくりになっているところから、コロ助君と名付けたようだ。

 コロ助君の導入により、インサートのマガジン詰め作業は、8動作/89.4秒から、6動作/54.0秒まで短縮できたという。

「コロ助君」の説明パネル 「コロ助君」の説明パネル(クリックで拡大) 出典:デンソー

 以下の写真は、コロ助君を使った、インサートのマガジン詰め作業の様子である。

「コロ助君」の上面に、インサートの裏表を気にせずに並べる 「コロ助君」の上面に、インサートの裏表を気にせずに並べる。ちなみに、表側に赤色のテープ、裏側に青色のテープが貼られている。(クリックで拡大)
「コロ助君」のスライドレバーを押しこむと… 「コロ助君」のスライドレバーを押しこむと…(クリックで拡大)
インサートが、赤色のテープを貼った表側に向いて整列する! インサートが、赤色のテープを貼った表側に向いて整列する!(クリックで拡大)
青色のテープを貼った裏側を向いた状態のインサートはなし 青色のテープを貼った裏側を向いた状態のインサートはなし(クリックで拡大)
これにて作業完了 これにて作業完了(クリックで拡大)

関連キーワード

デンソー | エコプロダクツ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.