ニュース
» 2012年12月27日 07時00分 UPDATE

安全システム:トヨタも低価格プリクラッシュ市場に本格参入、新型「クラウン」は10万円で提供

低価格のプリクラッシュセーフティシステム(プリクラッシュ)を搭載した新車の発表が相次いだ2012年。12月25日発表の新型「クラウン」は、速度差60kmから動作するプリクラッシュや、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防ぐ「インテリジェントクリアランスソナー」を含めたパッケージオプションを10万5000円で提供している。

[朴尚洙,MONOist]
新型「クラウン」のプリクラッシュ

 2012年に発表された新車は、衝突事故を回避できるプリクラッシュセーフティシステム(以下、プリクラッシュ)を、従来よりも低価格で搭載可能なものが多かった。富士重工業が10万円で販売しているステレオカメラを使った運転支援システム「EyeSight」の高い装着率を背景に、2012年10月発売のVolkswagenの「up!」や三菱自動車の「アウトランダー」、同年11月発売のマツダの「アテンザ」、そして12月発売のダイハツ工業の「ムーヴ」は、プリクラッシュなどの運転支援システムを比較的安価に搭載できることを特徴の1つとしている。


 これらに対して、国内大手自動車メーカーである、トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は、安価なプリクラッシュを新車に採用したイメージはほとんどない。トヨタ自動車は、2012年10月発売の高級車「レクサスLS」向けに、ミリ波レーダーとステレオカメラのセンサーフュージョンによって、先行車両だけでなく歩行者などとの衝突も回避できるプリクラッシュを新たに開発したものの、オプション価格は136万5000円と高価だった(関連記事1)。

11月発表の先行技術を採用

 そのトヨタ自動車が、ついに安価なプリクラッシュの市場投入を本格化させる。12月25日に発売された新型「クラウン」(関連記事2)には、「アドバンストパッケージ」と呼ぶ運転支援システムのパッケージオプションが用意されている。同パッケージには、新開発のミリ波レーダーによって、速度差60kmから減速して先行車両との衝突を回避できるプリクラッシュやレーダークルーズコントロール機能に加えて、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故を超音波センサーで防ぐ「インテリジェントクリアランスソナー」などが含まれている。11月に先行技術として発表したもので、「開発完了時期と新型クラウンの発表時期がちょうど重なったこともあり、全て搭載した」(トヨタ自動車)という(関連記事3関連記事4)。

新型「クラウン」のプリクラッシュ 新型「クラウン」のプリクラッシュ。速度差60kmでも先行車両との衝突事故を回避できる。(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車
「インテリジェントクリアランスソナー」の動作イメージ 「インテリジェントクリアランスソナー」の動作イメージ(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 これらの機能がまとめられているにもかかわらず、アドバンストパッケージの税込み価格は10万5000円に抑えた。ただし、同パッケージは、最も安価なグレードである「ロイヤル」と「アスリート」には提供されていない(両グレードのハイブリッドモデルを含む)。また、ロイヤルサルーンのガソリンエンジンモデルのみ、パッケージの税込み価格が14万7000円となっている。

 同社の説明員は、「価格低減を実現できたのは、ミリ波レーダーの低価格化が一番大きい。その一方で、従来品よりも検知精度は向上している。このため、速度差が60kmある状態からでも、衝突事故が起こる可能性を予測してブレーキのアシスト量を増やせるようになった」と述べている。なお、ミリ波レーダーは富士通テン製、プリクラッシュの制御を行うECU(電子制御ユニット)はデンソー製である。

新型「クラウン」に搭載されているミリ波レーダー 新型「クラウン」のカットモデル。フロントグリルの裏側にミリ波レーダーが設置されている。(クリックで拡大)

関連キーワード

ミリ波 | トヨタ自動車 | 安全


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.