ニュース
» 2013年01月16日 07時00分 UPDATE

デトロイトショー2013:ベンツの4ドアクーペ「CLA」は「CLS」の弟分、サイズは「Cクラス」と同等 (1/2)

2013年の「デトロイトショー」開催に先駆けて、Daimler(ダイムラー)が「Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)」ブランドの新車「CLAクラス」を披露した。「CLSクラス」の弟分に当たる4ドアクーペである。

[川端由美,MONOist]
ダイムラーCEOのディーター・ツェッチェ氏と「CLAクラス」

 2013年の自動車業界の幕開けとなる「NAIAS(North American International Auto Show)」、通称「デトロイトショー」が1月14日に開幕した。このショーに参加する自動車ジャーナリストにとって、大きな楽しみはDaimler(ダイムラー)の「Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)」ブランドからもらえる“情報のお年玉”である。というのも、自動車ジャーナリストにとって最もうれしいのは、新車を誰よりも早く見られることであり、ダイムラーはそのことをよく理解していて、ショー前夜に限られたメディアを招待して、モーターショーには出さない新型モデルのプレビューを行うのだ。

 デトロイト市内にある会場に向かうと、エントランスには「CLSクラス」が置かれていた。今回のプレビューでお披露目する「CLAクラス」が、4ドアクーペというスタイルを確立したこのモデルの弟分となることを示唆しているかのようだ。

 大規模なレセプションの後、ホールに移動してプレゼンテーションが始まった。ダイムラーのCEO(最高経営責任者)であるDieter Zetsche(ディーター・ツェッチェ)氏は、2012年は142万台の販売記録を達成したこと、2013年は新型「Sクラス」の発売や「Eクラス」のフルモデルチェンジが予定されていること、「Aクラス」のようなエントリーモデルで新しい顧客層を広げることを示唆した。つまり、「昨年は前年比40%増の販売台数を達成し、今年はフルラインアップ・メーカーとしてさらに頑張ります」という、年初にあたってのやる気の表明である。

ダイムラーCEOのディーター・ツェッチェ氏 ダイムラーCEOのディーター・ツェッチェ氏。2012年の収支と2013年の抱負を語った。(クリックで拡大)

 大がかりなライブイベントの終了とともに、スモークの中から登場した新型「CLAクラス」は、2012年12月の「北京モーターショー」で見た「コンセプト・スタイル・クーペ」とほぼ同じスタイリングだった。正直なところ、あのスタイリッシュなデザインのまま市販車になると思っていなかっただけに、うれしい驚きである。

 スモークの中から登場した新型「CLAクラス」 スモークの中から登場した新型「CLAクラス」(クリックで拡大)
「CLAクラス」の外観 「CLAクラス」の外観。CLAクラスのターゲットとなる世代は、活発な人が多い「ジェネレーションY(米国では1975〜1989年生まれ)」、心が若い(ヤング・アット・ハート)な「ベビーブーマー(米国では1946〜1959年生まれ)」、そしてハイテク好きでインターネット・ネイティブと呼ばれる「ミレニアル世代(米国では1982〜2000年生まれ)」も加わった。(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.