ニュース
» 2013年02月14日 08時30分 UPDATE

マーケティングリサーチがより手軽に:ペンケースサイズの小型アイトラッキング装置「TobiiアイトラッカーX2」発売

アイトラッキング製品および関連ソリューションを手掛けるTobii Technologyの日本法人トビー・テクノロジー・ジャパンは、ポータブルタイプのアイトラッキング装置「TobiiアイトラッカーX2」の発売を発表した。

[八木沢篤,MONOist]
TobiiアイトラッカーX2

 アイトラッキング製品および関連ソリューションを手掛けるTobii Technology(本社:スウェーデン・ストックホルム)の日本法人であるトビー・テクノロジー・ジャパンは2013年2月14日、アイトラッキング装置の新製品「TobiiアイトラッカーX2」を発売すると発表した。販売価格は99万円(税別)である。

 アイトラッキングとは、人の視線の動きを捉え、どこをどのように見ているかを測定する技術。これまで、発達心理学、眼科学、霊長類などの学術研究で使用されてきたが、近年、消費者行動を読み解く手掛かりとして注目を集め、マーケティングリサーチでの利用が活発化している。

TobiiアイトラッカーX2 TobiiアイトラッカーX2

 TobiiアイトラッカーX2は、ペンケースほどの大きさ(18.4×2.8×2.3cm)で、重量もわずか200gと軽量。USBバスパワー接続で外部電源は不要なポータブルタイプのアイトラッキング装置である。ノートPCやPCモニター、スマートデバイス、テレビ、ATMといったさまざまなハードウェアに取り付け可能で、商品パッケージのデザイン評価、Webサイトのユーザビリティ調査、テレビCMの調査、広告物の効果測定などに利用できる。被験者を追跡可能な範囲(トラックボックス)が広く、人種、メガネの有無などの制限なしに、自然な状態で高精度なデータ計測を実現する。

商品パッケージのデザイン評価Webサイトのユーザビリティ調査 利用イメージ:(左)商品パッケージのデザイン評価/(右)Webサイトのユーザビリティ調査

 なお、TobiiアイトラッカーX2の利用には、調査の設計や実行、遠隔操作による監視、データのリプレイ、ビジュアリゼーション、統計ツールの全てを行う統合環境「Tobii Studio 解析ソフトウェア」および、「Tobii SDK」で開発されたアプリケーションが必要である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.