ニュース
» 2013年03月04日 12時58分 UPDATE

リテールテックJAPAN 2013:曲げられる42インチ電子ペーパーサイネージ世界初公開

凸版印刷と英Plastic Logicは2013年3月4日、フレキシブル大型電子ペーパーサイネージの試作品を2013年3月5〜8日の4日間、東京ビッグサイトで開催される「リテールテックJAPAN 2013」で共同展示する。

[八木沢篤,MONOist]
フレキシブル大型電子ペーパーサイネージの試作品

 凸版印刷とフレキシブルディスプレイ技術を有する英Plastic Logicは2013年3月4日、フレキシブル大型電子ペーパーサイネージの試作品を2013年3月5〜8日の4日間、東京ビッグサイトで開催される「リテールテックJAPAN 2013」で共同展示することを発表した。有機薄膜トランジスタを用いた対角40インチ以上のフレキシブルな反射型デジタルサイネージの公開は世界初だという。

 同試作品は、Plastic Logicの対角10.7インチでモノクロ表示のフレキシブルプラスチック基板ディスプレイ16枚で構成されている。縦4×横4枚でタイル化することによって、有効画素ピッチ0.7mmの対角42インチディスプレイを実現している。既存の電子ペーパーサイネージの約6倍の高精細化を実現し、近距離からの利用に向いているという。画像保持性により、通電していなくても画面に画像が残るため低消費電力であり、紙と同様に反射型表示なので屋内外問わず利用でき、デジタルサイネージでの利用に最適だという。

フレキシブル大型電子ペーパーサイネージの試作品 フレキシブル大型電子ペーパーサイネージの試作品

 最薄部の厚さは3mm以下で、通常のデジタルサイネージよりもはるかに軽量であるため、ポスターのように壁に掛けるなど、これまでにない活用が見込める。例えば、低消費電力の特性を生かし、普段は催事などの情報を表示しているが、災害時になると災害関連情報に切り替えて表示する公共施設向けのサイネージなどが考えられる。

 今後、両社はフレキシブル大型電子ペーパーサイネージの用途開発を行い、モジュラー構造によって、さまざまなサイズの製品を提供していく予定だという。


次世代エンベデッド コーナー

次世代エンベデッドコーナー

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.