ニュース
» 2013年03月06日 16時55分 UPDATE

スマート3兄弟と家族の調査:「次に欲しいスマート家電は?」――スマホ&タブレット&PC利用者に聞く

電通は、スマートフォン、タブレット端末、PCの3つの機器をセットで利用しているユーザーを対象に、アンケート調査を実施。その回答結果から、スマートフォンと家電との連携機能に対する意識や、次に欲しいスマート家電の姿が見えた。

[八木沢篤,MONOist]
スマート3兄弟

 電通は、「スマートフォン」「タブレット端末」「PC」の3つの機器のことを“スマート3兄弟”と総称し、これらをセットで利用することによりもたらされるコミュニケーションの変化や、生活を取り巻く家電や自動車、各種インフラへの影響などを探るため、利用者調査を実施。2013年3月6日、そのレポートについて公表した。

 本レポートは、関東圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城)の15〜49歳までの携帯電話機の利用者1000人を対象とした「モバイル調査(第56回)」と、3大都市圏(東京、愛知、大阪)の20〜49歳までの既婚男女でスマート3兄弟の利用者300人を対象とした「スマート家族調査」の結果を取りまとめたものがベースとなっている。

 それによると、スマートフォンやタブレット端末の急増を背景に、スマート3兄弟をセットで利用しているケースが11%に到達。併せて、クラウドサービスの活用や家族内のソーシャルサービス(SNSやソーシャルチャット)利用も増加傾向にあるという。また、写真や音楽、書籍などをデジタルデータ化して、クラウドサービス上で保管したいという要求も高まりを見せている。

現在、利用している機器は?クラウドサービスの利用については? (左)現在、利用している機器は?/(右)クラウドサービスの利用については?

 一方、最近注目されているスマートフォンと家電との連携機能についての調査では、「スマートフォンが家電のリモコンになるなら?」という問いに対し、64%が「使いたい」と回答。同じく「スマートフォンの画像をテレビに映し出せるなら?」という問いに対しては、62%が「使いたい」と回答している(いずれもスマート3兄弟のセット利用者の数値)。

スマートフォンと家電との連携利用について スマートフォンと家電との連携利用について

 さらに、「スマートフォンで操作したいこと」「これから欲しいスマート家電」についての調査も行われた。その結果、スマートフォンで操作したいことの1位が「テレビの番組予約」、2位が「エアコンの操作」、3位が「自動車の位置確認」「部屋の様子確認」、5位が「玄関・窓の施錠」であった。一方、これから欲しいスマート家電の調査結果は大変興味深く、上位3つに“ロボットのように”自動(自分)で掃除してくれるタイプのトイレ、お風呂、掃除機が挙げられている。また、4位と5位にテレビに関する要求が挙がっている点にも注目したい。

スマートフォンで操作したいこと/これから欲しいスマート家電 (左)スマートフォンで操作したいこと/(右)これから欲しいスマート家電

次世代エンベデッド コーナー

次世代エンベデッドコーナー

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.