ニュース
» 2013年03月07日 10時15分 UPDATE

PLMニュース:中小企業にはPLMは不要なのか、PTCが専用ソリューションを販売 (1/2)

設計、製造、販売、サポートなど製品の全てのライフサイクルを一貫して管理できるPLM。PLMは企業の複数の部門にまたがって運用されるため、導入が難しいという理由で敬遠されがちだ。特に中小企業ではIT部門が整備されていないことが多く、導入へのハードルが高い。PTCジャパンは、PLMのうちPDM(製品データ管理)に機能を絞ったソリューションを展開することで、PLMへの道筋を広げた。

[畑陽一郎,MONOist]
yh20130306PTC_120px.png

 PTCジャパンは、中小企業向けのPLMソリューション「PTC Windchill PDM Essentials」の販売を開始した。同社のエンタープライズ向けPLMソリューション「PTC Windchill」のうち、一部の機能をパッケージ化したものである。

 企業の規模が小さくても、製造業が抱える課題は大企業と同じだ。「モノづくり前のモノづくりが求められている。同様に販売後のケアも重要だ。過去においては、PLMは設計部門と製造部門をつなぎ、製造現場における品質管理や歩留り向上にも役立つツールと考えられていた。現在は開発、製造、販売、アフターサービス全てに同一の(設計)情報を生かす取り組みが進んでいる」(PTCジャパン ソリューション戦略企画室PLMシニアエキスパート 後藤智氏)。

 PLMは企業全体にまたがるソリューションであるため、導入前の調査や準備、導入までの手間が掛かる。このため、PLMを敬遠する中小企業が目立っているのだという。しかし、中小企業こそPLMの恩恵を受けるべきだろう。なぜなら、米PTCによれば、米国の製造業の99%が従業員数500人未満であり、これらの企業が生産総額の半分以上を生み出しているからだ。

 今回のPTC Windchill PDM Essentialsは中小企業に受け入れられることを目指したソリューションだ。導入作業の手間を減らすため、インストールと設定をウィザード形式で進められるように改良した他(図1)、データ格納に用いるMicrosoft SQL Serverを含む全ての必要なソフトウェアをパッケージ化した。Webベースで動作するため、設計部門以外であっても、必要な情報を引き出しやすい。

 なお、PTC Windchill PDM Essentialsを導入後、PLMの全機能を利用可能になるパスも用意した。PLMソリューション「PTC Windchill」を新規に導入することなく、拡張できるような設計を採った。拡張時にはデータベースのアップグレードや技術的な移行作業は不要だ。

yh20130306PTC_install_590px.png 図1 インストール画面 インストール時に複雑な設定は不要だ。図では主要な4つのソフトウェアが表示されている。出典:PTC

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.