ニュース
» 2013年03月08日 17時31分 UPDATE

「DAYZ」と「eKワゴン」:軽自動車「第4の選択肢」になるか、日産と三菱自が車名とデザインを発表

日産自動車と三菱自動車は、共同開発中のハイトワゴンタイプの軽自動車について、それぞれが販売する際の車名と外形デザインを発表した。日産自動車は新たな車名「DAYZ」を採用し、三菱自動車は「eKワゴン」を継続する。発売はそれぞれ6月を予定している。

[朴尚洙,MONOist]
日産自動車の「DAYZ」と三菱自動車の「eKワゴン」

 日産自動車と三菱自動車は2013年3月8日、両社が共同開発中のハイトワゴン(トールワゴンとも)タイプの軽自動車について、それぞれが販売する際の車名と外形デザインを発表した。同年6月の発売を予定している。

⇒「DAYZ」と「eKワゴン」を、競合の「ワゴンR」「ムーヴ」「N-ONE」と比較した記事はこちら

 両社は2011年6月、軽自動車の開発・設計・生産を行う合弁企業NMKVを、50%ずつ出資して設立している。今回発表したハイトワゴンタイプの軽自動車は、NMKVが独自開発した車両の第1弾となる。

 現在日産自動車は、ハイトワゴンタイプの軽自動車として、スズキからOEM供給を受けている「モコ」を販売している。2013年6月から販売するNMKV製の車名は、「DAYZ(デイズ)」と「DAYZハイウェイスター」になる。「『毎日(DAYS)を、昨日までと違う楽しい日々に変えていく』という顧客に提供する価値を、“S”を反転した“Z”という表記にその想いを込めた」という。

sp_130308nmkv_01.jpgsp_130308nmkv_02.jpg 日産自動車の「DAYZ」(左)と「DAYZハイウェイスター」(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 一方、三菱自動車は、従来から自社で開発・販売してきたハイトワゴンタイプの軽自動車「eKワゴン」の車名を継続して採用する。ただし、ターボチャージャなどを搭載するスポーツモデルの「eKスポーツ」は販売を継続せず、新たに「eKカスタム」を追加する。eKワゴンは、2001年に初代モデルが投入されており、2013年6月発売のモデルは3代目となる。なお、ekワゴンの“eK”は、“いい軽”を意味している。

sp_130308nmkv_03.jpgsp_130308nmkv_04.jpg 三菱自動車の「eKワゴン」(左)と「eKカスタム」(クリックで拡大) 出典:三菱自動車

 日産自動車と三菱自動車は、NMKV製の軽自動車として、2013年6月に第1弾のハイトワゴンタイプを市場投入した後、第2弾のスーパーハイトワゴンタイプを2014年初頭に販売開始する計画だ。

軽ハイトワゴンの市場競争はさらに激化

 日産自動車と三菱自動車が発表したDAYZと新型eKワゴンは、現在の軽自動車市場のメインストリームに位置するハイトワゴンタイプだ。

 ハイトワゴンタイプの軽自動車は激戦区となっている。スズキが2012年9月に「ワゴンR」をフルモデルチェンジ(関連記事1)したの皮切りに、ホンダは同年11月に新車の「N-ONE」を発表(関連記事2)。ダイハツ工業も2012年12月、ビッグマイナーチェンジを施した「ムーヴ」を投入して対抗している(関連記事3)。第4の選択肢として、DAYZと新型eKワゴンが割って入れるのか、注目だ。

関連キーワード

軽自動車 | 三菱自動車 | 日産自動車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.