ニュース
» 2013年04月08日 15時30分 UPDATE

社会インフラシステム関連の需要増加見込んで:三菱電機、神戸に「技術棟」を建設

三菱電機は2014年4月から稼働開始する予定の「技術棟」を建設する。社会インフラシステム関連の需要増加に対応するため。

[小林由美,MONOist]

 三菱電機は2013年4月8日、神戸地区(兵庫県神戸市)に「技術棟」を建設すると発表した。2014年4月から稼働開始する予定。

 今回発表した技術棟の建設は、同社が中長期的な需要増加を見込む、公共サービス・電力・鉄道といった社会インフラシステム関連事業の拡大に向けた体制強化のためとしている。投資額は約40億円。同棟に技術者を集約した後、構内エリアに制御機器の生産試験スペースを拡張する。

yk_mit_gijyu.jpg 技術棟のイメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.