ニュース
» 2013年04月24日 20時05分 UPDATE

ESEC2013 関連ニュース:インストールするだけで高速起動を実現、Armadilloシリーズ向け「QuickBoot RTP」

ユビキタスとアットマークテクノは、ユビキタスの高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」を、アットマークテクノの組み込みプラットフォーム「Armadilloシリーズ」に適用し、インストールするだけで使用可能な「Ubiquitous QuickBoot RTP」を開発。中小規模の組み込みシステム向け高速起動ソリューションとして販売を開始する。

[八木沢篤,MONOist]
QuickBoot RTP

 ユビキタスとアットマークテクノは、ユビキタスの組み込みシステム高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot(以下、QuickBoot)」を、アットマークテクノの組み込みプラットフォーム「Armadilloシリーズ」に適用し、インストールするだけで使用可能な「Ubiquitous QuickBoot RTP(以下、QuickBoot RTP)」を開発。2013年4月23日、両社は、QuickBoot RTPを中小規模の組み込みシステム向け高速起動ソリューションとして販売していくことで合意したと発表した。

 その第1弾として、「Armadillo-440」向けQuickBoot RTPを同年5月下旬より販売する。

 これまで、QuickBootをSDKとして、大中規模向けの組み込みシステムに展開してきたユビキタス。同社は、需要増が見込まれる、数十から数千台程度の中小規模向け組み込みシステムを視野に、インストールするだけで簡単に高速起動を実現できるパッケージソフトとして、QuickBoot RTPを開発した。

 第1弾のArmadillo-440向けQuickBoot RTPは、アットマークテクノから提供されるLinux BSPをそのまま利用してアプリケーションを開発し、量産を行うユーザー向けの高速起動ランタイムパッケージである。Armadillo-440に搭載されているNORフラッシュにシステムをインストールして、任意のタイミングでスナップショットイメージを取ることで、アプリケーションの高速起動(電源投入からシェル起動までで、1〜2秒)を実現する。

 2010年5月より、QuickBootの採用促進で協業を進めてきた両社は、今回のArmadilloシリーズに特化したQuickBoot RTPを開発・販売することで、より強固な協業関係を築いていきたい考えだ。

 なお、両社は、2013年5月8〜10日に東京ビッグサイトで開催される「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」に出展。ユビキタス・ブース【西1-72】およびアットマークテクノ・ブース【西4-70】において、それぞれQuickBoot RTPのデモ展示を予定している。

ESEC2013特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.