連載
» 2013年04月26日 07時00分 UPDATE

パーソナル3次元プリンタ入門(3):3Dプリンタを個人輸入してみよう

今回は、3Dプリンタの個人輸入についての解説。「関税」や「輸入許可通知書」など、なじみのない手続きはどうしたらいいの? 意外と簡単なので、やってみよう。英語での住所入力の仕方から説明。

[森田浩史/ウルトラテクノロジスト集団 チームラボ:MAKE部,MONOist]

 現在MakerBot社の日本語サイトは存在せず、日本に支社もありません。そのため、Replicatorを購入する場合は、販売代理店を通して購入するか、MakerBot社のWebサイトから直接購入(個人輸入)することになります。

 直接購入した方が、当然価格を抑えられるので、僕はそちらを選択しました。ただし、これは輸入のリスクを全て自分で負わなければならないので注意です。初期不良などが発生しても、直接メーカーとやりとりしなければなりません。

 MakerBotのストアページから購入します。

 2013年4月現在、販売されているモデルは3モデルです。

  • Replicator Dual(2色刷り):1999ドル
  • Replicator 2(1色刷り):2199ドル
  • Replicator 2X(2色刷り):2799ドル

 ReplicatorからReplicator2へとバージョンアップしたことで、筐体が木製からスチール製に、最小積層ピッチが0.2mmから0.1mmになりました。ただし、Replicator2はエクストルーダーが1つで、同時に1色のフィラメント(造形材料が巻線状になったもの)しか使用できません。「Replicator 2X」はエクストルーダーの数が2つになったほかに、出力ステージの平面度が向上したり、エンクロージャー(囲い)が追加されたりなど、こまごまとした改良が加わっています。予算範囲内なら、当然上位の機種を購入すべきです。

yk_rep_0301.jpg
yk_rep_0301_2.jpg MakerBotのストアページ

用語

 Amazonなどネット通販でおなじみの言葉です。

  • 「Add to Cart」=「カートに入れる」(購入ではありません)。
  • 「Proceed to Checkout」=「レジに進む」
  • 「Checkout as a Guest or Register」=「ゲストで購入またはユーザー登録して購入」の意味。ユーザー登録しなくても買えます。


 注文時は一緒に付属品を購入しておきましょう。材料となるフィラメントはベーシックな色のABSなら国内の通販などでも購入できます(非純正品)。しかしMakerBotでしか購入できない色や素材もあるので、欲しいものがあれば、ここで購入しておいた方がよいです。フィラメントたった1つの購入でも送料が少なくとも38ドルかかってしまいます。

yk_rep_0302.jpg 明細。本体、ABSフィラメント1kgを購入。輸送の保険も入っています

英語の入力フォームのお作法

 カートに入れて購入まで進む流れは、普通のネット通販サイトと同じです。支払いはクレジットカードが使用できます。

 少し戸惑うとすれば、住所や電話番号の入力でしょうか。アメリカのフォーマットだと住所は都道府県、市町村、番地などの記述順が日本と逆、電話番号は1桁目の0が国コードの+81となります。

 例えば、住所が「〒100-0001 東京都千代田区千代田123-456」、電話番号が「03-1234-5678」なら、以下のように書きます。

  • 「address」(番地以下):123-456 Chiyoda
  • 「city」(区市町村):Chiyoda-ku
  • 「State/Province」(都道府県):Tokyo
  • 「Zip/Postal Code」(郵便番号):100-001
  • 「Country」(国):Japan
  • 「Telephone」(電話):+81-3-1234-5678

税金まで入れると、おいくら?

 輸入の場合、本体価格と送料に加え、関税、消費税(消費税4%+地方消費税1%)、税関手数料がかかります。関税は品目によって税率が変わりますが、3次元プリンタは無税とのこと。消費税は税関審査時のレートで日本円換算した本体価格の5%、税関手数料は500円でした。

 輸入許可通知書は品物と一緒に、請求書は発送後1週間くらいで届きました。税関では配送業者のFedExが手数料を立て替え、後でまとめて請求がくる流れだったようです。

yk_rep_0303.jpg 輸入許可通知書の税金の項目。遅れて請求されるのが少し怖い……

 結局、今回掛かった費用を日本円に換算すると内訳と合計は、以下でした(請求時のレートは、1ドル=79.6円)。

  • 3Dプリンタ本体:15万9140円(1999ドル)
  • 輸送保険:716円(9ドル)
  • ABSフィラメント1kg(追加購入)3821円(48ドル)
  • 送料:9988円(125.47ドル)
  • 消費税:7800円
  • 税関手数料:500円

  合計:18万1956円

yk_rep_0304.jpg 東京税関長から輸入許可! バンザイ!

 次回は、いよいよReplicatorが到着し、設置するところまで説明します。

Profile

森田浩史(もりた ひろふみ)

早稲田大学大学院機械工学科卒業。家電メーカーでカーナビの機構設計に従事。SIerでの勤務後、フリーランスを経てチームラボへ入社。Webシステムの構築をしながらチームラボMAKE部でハード、ソフトを問わずモノづくりに携わっている。

筆者ブログ:「3Dプリンターにバンザイ!」



関連キーワード

3Dプリンタ | ものづくり


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.