ニュース
» 2013年05月10日 12時30分 UPDATE

PLMニュース :ダッソー、フランスの射出成型シミュレーション企業SIMPOEを買収

SIMULIA、CATIA、SolidWorksなど既存のアプリケーションと組み合わせ、多様な材料に対応する製造シミュレーションソリューションを構築する。

[三島一孝,MONOist]

 フランスのダッソー・システムズ(以下、ダッソー)は2013年5月7日(現地時間)、プラスチックの射出成形シミュレーションの大手企業であるフランス SIMPOEの買収を発表した。ダッソーのプラットフォームやSIMULIA、CATIA、SolidWorksの各アプリケーションと組み合わせることで、製造シミュレーションソリューションのポートフォリオを強化する。買収額は非公表。

 SIMPOEは、プラスチックの射出成形工程全域をカバーする包括的ソリューションを展開する。洗練された操作メニューと豊富な解析機能を併せ持ったうえで高いコストパフォーマンスを実現する点が評価を受けており、主要部品の設計、製造、金型メーカーなど、3千社のユーザー企業を抱える。ユーザー企業の中にはキヤノンやパナソニックなどもあるという。

 ダッソーはこれまで、複合材や板金材料の設計・製造分野を強みとしてきたが、今回の買収によりプラスチック部品領域にもカバー範囲を広げ包括的なサービス提供が可能だとしている。

 ダッソーは「3Dエクスペリエンス・プラットフォーム」として、3次元デジタル・モデルの活用により、企業内の検証とともに、それぞれの消費者が製造前の価値体験ができるようにする基盤構築を提唱している。ダッソー社長兼最高経営責任者(CEO)であるベルナール・シャーレス(Bernard Charles)氏は今回の買収について「SIMPOEのシミュレーション技術は、設計や射出成形アプローチを速やかに検証できる点で、当社が提唱する『3Dエクスペリエンス・プラットフォーム』に貢献する」と述べている。

世界同時開発を推進するには?:「グローバル設計・開発コーナー」

 世界市場を見据えたモノづくりを推進するには、エンジニアリングチェーン改革が必須。世界同時開発を実現するモノづくり方法論の解説記事を「グローバル設計・開発」コーナーに集約しています。併せてご参照ください。



関連キーワード

ダッソー・システムズ | 買収 | PLM | SolidWorks



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.