ニュース
» 2013年05月15日 07時00分 UPDATE

F1ドライバーのベッテルも開発参加:「インフィニティQ50」がラインオフ、ハイブリッドやステアバイワイヤを搭載

日産自動車は、北米市場などで展開している高級車ブランド「インフィニティ」のスポーツセダン「インフィニティQ50」のラインオフ式を栃木工場で行った。同車両は、新開発のハイブリッドシステムやステアバイワイヤシステムなど注目の技術を採用している。

[朴尚洙,MONOist]
「インフィニティQ50」の新モデル

 日産自動車は2013年5月14日、北米市場などで展開している高級車ブランド「インフィニティ」のスポーツセダン「インフィニティQ50」のラインオフ式を、栃木工場(栃木県上三川町)で行ったと発表した。同年夏発売の北米市場を皮切りに、欧州や中国などグローバル展開を進める予定だ。

 インフィニティQ50は、従来のネーミングでは「インフィニティG37」に当たり、日本市場では「スカイライン」という名称で販売されている。インフィニティQ50の新モデルは、2013年1月開催の「北米国際自動車ショー2013」で発表された。新開発のハイブリッドシステムやステアバイワイヤシステム、超高張力鋼板の採用拡大による軽量化など注目の技術を採用し、エクステリアデザインも一新している。

「インフィニティQ50」の新モデル 「インフィニティQ50」の新モデル(クリックで拡大) 出典:日産自動車


 ラインオフ式において、同社社長のカルロス・ゴーン氏は、「インフィニティQ50の新モデルは、最高品質のクルマづくりで定評のある栃木工場の品質評価をさらに確かなものにするだろう。従業員の高いスキルとたゆまぬ改善活動によって、栃木工場は生産品質のベンチマークになっている。だからこそ、栃木工場は、これまでも、そしてこれからも、インフィニティブランドの生産の中心であり続ける」と述べた。

 また、インフィニティブランドのパフォーマンスディレクターを務めるとともに、インフィニティQ50の試験と評価でも大きな役割を果たした、F1ドライバーのセバスチャン・ベッテル氏も、ビデオメッセージで「インフィニティQ50の新モデルの開発に携われてうれしい」とコメントを寄せている。

「インフィニティQ50」の開発に携わったF1ドライバーのセバスチャン・ベッテル氏 「インフィニティQ50」の開発に携わったF1ドライバーのセバスチャン・ベッテル氏(クリックで拡大) 出典:日産自動車

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.