連載
» 2013年05月23日 09時00分 UPDATE

モノづくりにおけるITをもう一度考える(1):経営者の皆さん、ITっていうのは「壁を壊す道具」なんです (1/4)

「情報」や「IT」の重要性はずっと指摘されてきたものの、今でも悩む経営者は多い。企業における「ITの価値」は何かを、現場改善のコンサルティングを行う筆者が、あらためて考えてみた。

[関伸一/関ものづくり研究所,MONOist]

そもそも「IT」って何でしたっけ?

km_seki.gif

 「IT」というとは日常に溢れた用語だが、もともとは何を意味しているのだろうか?「IT」とは言うまでもなくIT:Information Technology=「情報技術」のことだ。では情報技術とは何か?

 まずは「情報」と「技術」に分けて手元の国語辞典で調べると

【情報】

  1. ある物事の事情についての知らせ
  2. それを通して何らかの知識が得られるようなもの

そりゃそうだが、なんだかぼやっとしているし、範囲が広すぎてよく分からない。

 では、技術はどうか。

【技術】

  1. 科学を実際に応用し、人間生活に役立てるわざ
  2. 物事を(たくみに)行うわざ

 では、この2つが合わさった「情報技術=IT」とは、何か?

【情報技術】

  1. コンピュータやデータ通信に関する技術を総称的に表す語(出典:IT用語辞典 e-Words)
  2. 情報処理(コンピュータ処理)および情報伝達(通信処理)の、工学およびその社会的な応用技術の総称(出典:フリー百科事典ウィキペディア)

 とんでもなく範囲が広がってしまった……。

 このコラムではこの広い範囲をさまよいながら、企業が活用すべきITとはどういうものか、筆者のITに関する経験を紹介するつもりだ。特に、経営者(特に中小企業)の皆さまに少しでもお役に立てれば幸いである。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.