ニュース
» 2013年05月27日 13時30分 UPDATE

テレビが転倒したら電源オフにできるモデルも:ワンセグ方式で消費電力を大幅削減! シャープの「緊急警報放送受信モジュール」

シャープは、ワンセグ放送受信方式を採用し、低消費電力化と小型化を実現した「緊急警報放送受信モジュール」を発表した。従来のフルセグ放送受信方式に比べ、チューナの消費電力が約50分の1と、省エネ性が大幅に向上するという。また、加速度センサーを内蔵したモデルもラインアップ。緊急警報放送の受信に加えて、テレビが地震などで転倒した際に、自動的で電源を切ることもできるという。

[八木沢篤,MONOist]
緊急警報放送受信モジュール

 シャープは2013年5月27日、地震などの大規模災害が発生した際に、放送局が地域住民の生命・財産を保護することを目的に行う臨時放送向けの「緊急警報放送受信モジュール(DU6J9ZP0146/DU6J9ZP0145)」を発売すると発表した。サンプル価格は3000円(税込み)。同日よりサンプル出荷を開始し、同年7月末に量産を開始する予定である。

 従来、緊急警報放送を受信するためには、家電機器などの電源がオンの状態か、待機状態である必要があったため、消費電力が高くなるという問題を抱えていた。これに対し、シャープが新たに開発した両モジュールは、ワンセグ放送受信方式を採用することで、待機時の消費電力を大幅に低減している。例えば、DU6J9ZP0146をテレビに搭載した場合、従来のフルセグ放送受信方式と比較すると、チューナーの消費電力が約50分の1となり、省エネ性が向上するという。

「緊急警報放送受信モジュール(DU6J9ZP0146/DU6J9ZP0145)」 「緊急警報放送受信モジュール」。左が「DU6J9ZP0146」、右が「DU6J9ZP0145」である

 さらに、両モジュールは、ワンセグチューナーとマイコンがワンパッケージ化されており、小型化が図れるとともに、家電機器などへの組み込みも容易に行えるのが特徴である。ちなみに、DU6J9ZP0146は、待機時消費電力10mWを実現する国内向けモデル。一方のDU6J9ZP0145は、加速度センサーを搭載した国内・海外向けのモデルである。緊急警報放送の受信に加え、テレビが地震などで転倒した際、それを検知して、機器の電源を自動的に切ることが可能だ(表1)。

品名 緊急警報放送受信モジュール
仕向け地 国内 国内・海外
形名 DU6J9ZP0146 DU6J9ZP0145
外形サイズ 8×8×1.2mm 11×11×1.4mm
受信帯域幅 6MHz 6/7/8MHz
受信周波数範囲 UHF(470〜770MHz) UHF(470〜862MHz)
待機時消費電力 10mW 88mW
加速度センサー 搭載
通信方式 UART
電源 2系統(3.3V、1.2V)
表1 緊急警報放送受信モジュールの仕様

防災・災害対策技術

防災・災害対策技術
3.11 東日本大震災の発生以降、防災・災害対策に関連する技術に、ますます注目が集まっています。自然災害、原発対応、被災地支援といった各分野における最新技術や取り組みを紹介します。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.