ニュース
» 2013年05月30日 14時23分 UPDATE

人とくるまのテクノロジー展2013:フロントライトの駆動に最適、オン・セミコンダクターのデュアルLEDドライバIC

オン・セミコンダクターは、「人とくるまのテクノロジー展2013」において、自動車のLEDヘッドランプや昼間点灯ランプ(DRL)、フォグランプ、ウィンカーなどを統合したフロントライトモジュールの駆動に最適なデュアルLEDドライバICを展示した。

[馬本隆綱,MONOist]
デュアルLEDドライバIC「NCV78663」を実装したドライバモジュールのデモ展示

 オン・セミコンダクターは、「人とくるまのテクノロジー展2013」(2013年5月22〜24日、パシフィコ横浜)において、自動車のLEDヘッドランプや昼間点灯ランプ(DRL)、フォグランプ、ウィンカーなどを統合したフロントライトモジュールの駆動に最適なデュアルLEDドライバICや、実装面積を5分の1に削減できる3相ブラシレス直流(BLDC)モータドライバICなどを展示した。

 同社は、ヘッドランプやリアコンビネーションランプ、ウィンカー、ブレーキランプ、車室内照明など、LEDやHID(High Intensity Discharge:高輝度放電灯)を光源とする車載照明システムを駆動するためのドライバICを供給している。複数のLED素子をつなげたLEDストリングを2系統駆動できるデュアルLEDドライバIC「NCV78663」もその1つだ。LEDを光源とする、ヘッドランプのハイ/ロービーム、DRL、フォグランプ、方向指示器など統合したフロントライトモジュールの駆動に最適だという。ブースでは、これらの片側の車載照明システムが組み込まれたフロントライトモジュールを、3個のドライバICで制御するデモを行った。

 NCV78663は、昇降圧回路や調光用PWM機能、自己診断機能、EMI対策のための各種フィルタを内蔵するなど周辺回路を集積しているので、LED駆動回路の外付け部品を削減できる。2系統で最大60V、1.2Aまでの出力に対応した。「競合他社に比べて、昇圧回路や降圧回路などに関するIP(Intellectual Property)をより多く保有している。それをASICやASSPにまとめる技術力が当社の強みだ。NCV78663は2011年に開発したが、すでに幾つかの欧州メーカーの車両に搭載されている」(オン・セミコンダクター)と話す。

tm_130530onsemi02.jpgtm_130530onsemi03.jpg 左の写真は、フロントライトモジュールとそれを駆動するためのデュアルLEDドライバIC「NCV78663」を実装したドライバモジュールのデモ展示。右の写真はNCV78663の概要である(クリックで拡大)

 3相BLDCハイブリッドモータドライバIC「STK984-09」は、プリドライバとパワーMOSFETを1パッケージに集積した。加熱保護機能や過電流/過電圧保護機能なども内蔵した。「アルミニウム基板上にベアチップを実装しているので、個別ICを組み合わせて同等の機能を実現する場合に比べて、実装面積を5分の1に削減できる」(同社)という。ウォーターポンプやラジエーターのファンモーターなどを制御する用途に向ける。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.