ニュース
» 2013年06月06日 15時24分 UPDATE

賞金総額1億円のアプリコンテスト開催中:ポストKinect!? 国内でも注目集まるインテルのモーションセンサーデバイス

インテルが公開している非接触型ユーザーインタフェース搭載アプリケーションを開発するためのSDK「Intel Perceptual Computing SDK 2013」をご存じだろうか。現在、同SDKを活用した世界規模のアプリコンテスト「Intel Perceptual Computing Challenge」が開催中で、日本国内でも展示会やセミナーなどで取り上げられ、注目されつつある。

[八木沢篤,MONOist]
Intel Perceptual Computing SDK 2013

 アジア最大級のIT見本市「COMPUTEX TAIPEI 2013」の開催期間中(会期:6月4日〜8日)に、インテルが行った記者会見の中で、ジェスチャー・音声認識・顔認識・オブジェクトトラッキングを活用した“Perceptual Computing”に関する発表があった。

 近い将来(2014年後半?)、Ultrabookのベゼル部分には、小型のモーションセンサーモジュールが組み込まれ、ジェスチャーや音声認識(インテルと提携した米Nuance Technologyの音声認識技術「Dragon Assistant」を活用)などによる新しいユーザーインタフェース(UI)機能が標準搭載されるという。

Intel Perceptual Computing SDK 2013、国内でも盛り上がりをみせる!?

 現在、インテルは、Intel Core プロセッサを搭載するPC環境上で、このナチュラルユーザーインタフェース(NUI)を実現するアプリケーション開発のためのSDK(Software Development Kit)「Intel Perceptual Computing SDK 2013」を正式公開している。世界中のエンジニアから従来のキーボード/マウスやタッチ操作とは異なる“新しいUI”によるコンピューティングの在り方・アイデアを募る考えだ。

Creative Interactive Gesture Camera Developer Kit 「Intel Perceptual Computing SDK 2013」の公式リファレンスキットである米Creative Technology製のモーションセンサーデバイス「Creative Interactive Gesture Camera Developer Kit」

 開発者は、インテルのWebサイトから米Creative Technology製のモーションセンサーデバイス「Creative Interactive Gesture Camera Developer Kit」を購入し、同SDKをPCにインストールすることで、すぐにNUIアプリケーションの開発に着手できる。将来、Ultrabookに標準的に組み込まれる技術ということもあり、50cm〜10mまで認識できるマイクロソフトの「Kinect for Windows」よりも“近距離(15〜100cm)”での利用が前提となる。高精度に指や手のひらの状態を認識できる他、顔検出(目頭、目じり、口元)や音声認識などにも対応する(Kinect for Windowsのように全身のスケルトン・トラッキングなどはできない)。現在のところ、日本国内では、Kinect for Windowsの方が認知度が高いが、先日行われた「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」のインテル・ブースでは、Intel Perceptual Computing SDK 2013が披露され、多くの来場者が集まっていた(関連記事)。

ESEC2013 「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」のインテル・ブースで披露された「Intel Perceptual Computing SDK 2013」によるデモの様子。ディスプレイの上に設置されているのが、同SDKに対応した「Creative Interactive Gesture Camera Developer Kit」だ

モーションセンサーデバイスの新たな選択肢! 総額1億円のコンテストも!

 あまり知られていないかもしれないが、実は、このIntel Perceptual Computing SDK 2013を用いたワールドワイドのコンテスト「Intel Perceptual Computing Challenge」(コンテスト公式サイト)が現在開催中で、日本国内でもセミナーなどで紹介されつつある。

Intel Perceptual Computing Challenge 「Intel Perceptual Computing Challenge」とは、「Intel Perceptual Computing SDK 2013」を用いた世界規模のアプリケーション開発コンテストである。アイデアを募る第1次審査(英語の提案書を提出)を通過(750作品に絞り込む)すると、モーションセンサーデバイス「Creative Interactive Gesture Camera Developer Kit」が贈られ、第2次審査に向けてアプリケーションを開発しなければならない。第1次審査であるアイデア過程の締め切りは2013年6月17日。第2次審査の開発期間は、同年6月24日〜8月12日である。部門は「Perceptual gaming」「Productivity」「Creative user experience」「Open innovation」の4つが設けられている

 インテルのパートナー企業である東京エレクトロン デバイスは、「モーションセンサーデバイス活用セミナー」を2013年6月5日に開催。Depthセンサーアプリケーションの開発を中心にフリーランスで活動している中村薫氏や、インテル 技術本部 統括部長 亀井慎一朗氏らを講師に招き、現在主流の幾つかのモーションセンサーデバイスの機能・特徴の他、Intel Perceptual Computing SDK 2013を用いたサンプルアプリケーションの事例、コンテストの概要などを紹介した。

中村薫氏亀井慎一朗氏 (左)東京エレクトロン デバイス主催の「モーションセンサーデバイス活用セミナー」に登壇した中村薫氏(Microsoft MVP for Visual Studio ALM)。各モーションセンサーデバイスの概要・特徴について説明。「Kinect for Windows」、PrimeSense製チップを搭載した「Xtion PRO LIVE(SDKはOpenNI)」「Creative Interactive Gesture Camera Developer Kit」の各センサーの特徴と、各SDKの機能的な違いや動作環境・開発環境について詳しく紹介した。「これらは一見すると、競合するように思われるが、それぞれ得意不得意があり、使える環境やセンサーの認識範囲・技術方式が各モーションセンサーデバイスで異なる。アプリケーションの用途により“使い分ける”ことが必要だ」(中村氏)と述べた/(右)同セミナーに登壇したインテル 技術本部 統括部長 亀井慎一朗氏。本稿の冒頭で紹介したように、「COMPUTEX TAIPEI 2013」での発表を踏まえ、将来のUltrabookの方向性(小型のモーションセンサーモジュールと音声認識による新しいUIの搭載)について説明。さらに、現在、英語版しか公開されていない「Intel Perceptual Computing SDK 2013」の“日本語化”についても「近い将来実現する」とした

SDKの基本機能比較(1)比較(2)

比較(3)比較(4)比較(5) 中村氏の講演では、「Intel Perceptual Computing SDK 2013」で提供されている基本機能の紹介の他、「Kinect for Windows」「OpenNI」「Intel Perceptual Computing SDK 2013」の比較資料を紹介(中村氏の講演スライドより)

 また、インテル自身も、第1次審査(アイデア募集)の締め切り(2013年6月17日)が迫るIntel Perceptual Computing Challengeへの国内参加者への支援として、セミナーなどを企画。6月12日に「Perceptual Computing Developer セミナー 東京」を開催する他、コンテストに向けたアプリ企画・アイデア出しなどを行う「Perceptual Computing Ideathon(アイデアソン) 東京」を6月15日・22日に実施する計画だ(インテルのセミナー・イベント告知サイト)。なお、「英語に自信のない人には、インテルが翻訳のサポートも行う」(亀井氏)という。

デモ(1)デモ(2)デモ(3)

デモ(4)デモ(5)デモ(6) 「Intel Perceptual Computing SDK 2013」のサンプルアプリケーションと、東京エレクトロン デバイス主催の「モーションセンサーデバイス活用セミナー」で展示されていたアプリケーション事例

次世代エンベデッド コーナー

次世代エンベデッドコーナー

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.